『美少女JSの家庭教師になったけど何か質問ある?』

……というタイトルの立場交換系中短編を書いてみたい今日この頃。

<概要>
 バイト誌の募集に応募して、お金持ちのひとり娘(12歳)の家庭教師になった主人公(某国立大・法学部・1回生♂)。奥さんは美人で人あたりがいいし、教え子も(ちょっぴり生意気だけど)美少女で頭もいいから、いいバイトにありつけたなぁ……と思っていたところ、夏休みを目前にして、その教え子から脅迫される(わざと誘惑して鼻の下が伸びたところを写真に撮られる)。
 「ロリコンだってバラされたくなかったら、言うコトきいてネ、せんせ♪」
 言われるままに「秘密のお呪いグッズ」だという名札を胸に付けたところ、一瞬意識を失い、気が付くと主人公が教え子の、教え子が主人公の立場になっていた!(当然、格好も交換されていた)
 「なぜこんなことを」と問う主人公に「一度大人の男の立場で気楽なひとり暮らしをエンジョイしてみたかったから」と返す教え子の少女。
 「じゃあ、あたし……ううん、オレはしばらく好きにやらせてもらうから、あとはヨロシク~♪ それと、他人にバレると元に戻れなくなるからネ!(←これは嘘)」
 背に腹は代えられず、渋々教え子の女子小学生のフリをする主人公(もっとも、立場が交換されているせいか、実は特に意識しなくても、自然とこの家の娘っぽい行動をとってしまっているのだが……)。
 「せんせ」が帰ったあと、宿題、晩御飯、お風呂、就寝、翌朝の目覚め、そして小学校への登校……といったお約束イベントを次々経験することに。
 もちろん、学校に行ったらいったで、普通の授業はともかく、“お友達”とのおしゃべりや体育(というかプール)の授業、家庭科の授業、給食の時間、そして放課後などなどの、数々の難関イベントが待ち受けている。
 はたして、主人公はこの先生きのこれ……じゃなくて、ひと夏バレずにJSライフを送り、夏休み明けに元の立場に戻してもらえるのか?
 「えっ、わたし……じゃななくて、ボク、夏休みの間、このままなの!?」


<登場人物>
●六道豪(りくどう・ごう)
 主人公。18歳・♂。とある国立大学に入学したばかりのピカピカの一回生で、出身地は静岡(現在は大学近くに下宿中)。
 いかにも男らしい質実剛健な名前に反して、子供の頃から生粋のインドア派だったため、かなりのモヤシなメガネくんな優等生(身長167センチ・体重52キロ)。
 異性の好みは「ちっちゃくて可愛らしい子」。と言っても筋金入りのロリコンと言うわけではなく、自分の体格が貧相なので、せめて恋人はそれより小さくあってほしいという願望が心の奥にあるが故で、同世代や年上でも“そういうタイプ”であれば射程範囲内。
 教え子と立場交換されて最初は戸惑うが、実は大学生になっていきなりひと暮らしになり自由度が増して戸惑っていたため、次第にあれこれ指示され、規制される女子小学生の暮らしの方が、むしろ気楽だと感じるようになる。

●佐倉花梨(さくら・かりん)
 ヒロイン(?)。12歳・♀。地元の公立小学校に通う6年生だが、中学は名門女子校の関聖女学院を受験する予定。ちょっといいとこのお嬢様。
 パッと見は黒髪ロングストレートの日本人形みたいに可憐で清楚な美少女で、人前ではその外見にふさわしく淑やかな行動をとるが、大きな猫をかぶっており、本性はフリーダムで活動的かつ微S。
 善人ではあるが堅物で教育熱心な両親のもとで息苦しさを感じており、偶然ネットで見つけた「立場交換の名札」を、家庭教師の“せんせ”に使用することを思いつく。

↑まぁ、こんな感じでしょうか。とは言え、似たような話はすでにいくつも書いているため、ネタがダブりそうなのが恐いところ。

『牧瀬双葉は転生超人である』連載始めました

 前回のブログでさわりを書いた2作のうち、次男・双葉の物語『牧瀬双葉は転生超人である──ただしチートはない』をカクヨムに投下開始しました。
 ちょっとずつでも毎日投下……するのが理想ですが、現状は一日おきといったところ。
 まぁ、シュミと自己満足に走った作品なのでそれほどウケるとは思いませんでしたが、PV数が笑えるほど少ないのは凹みますね~。この間、久々に続きを投下した“なろう”の『骨愛』の最新話1話の一日分のPVより、『転生超人』4話分のPV数の方が少ないという現状。カクヨムだいじょーぶかぁ?(たぶん大丈夫じゃない)

 それはさておき、今回は同作の基本設定を以下に提示。もっとも、続きを書きながら微妙に変更を加える可能性もありますが……。

続きを読む

時間泥棒(ガチ)

いつものスランプ(笑)なのですが、今回はそれに加えて仕事の方がキツキツで精神的な余裕も欠乏気味。3月いっぱいはまともにSS書くのは無理かもしれません。なんとか来週くらいは掌編でも投下しときたいところですが……。

書き手以外には超どうでもいい話[立場交換設定ネタ雑談]

 このブログに来られた方には今更の話でしょうが、最近(ここ2、3年)の私は、TS(一部OD)ネタの亜種とも派生とも言える「立場交換」ネタのSSを、そこそこなペースで書いています。
 で、これまた今更なのですが、私の書く立場交換には幾つかの類型──というか、原理的な意味でのタイプがありまして……。
 以下、書いてる本人の自己満足以外のなにものでもない設定に関して言及しますので、「そんなの見たくねぇ!」という方はブラウザバックして下さい。

続きを読む

苦しい時のよそのSS(こ)紹介

 先々週末から先週にかけては風邪で体調・テンションともに上がらず、いろいろ放り出してしまいました。
 とりあえず、「ボクバス」の続きは2ちゃんに投下しました。あと2回で何とか結にたどりつく──はず。

 で、今回は雑談として、現在私が愛読しているAA系SSのお話を。

1)『それゆけダージ凛
ガールズパンツァーのアフターIF物(?)で、「もし、ガルパンに登場するダージリンが仮(よそゆき)の姿で、素の姿は渋谷凛だったら」という設定に基づく二次創作系AASS。と言っても、単なる一発ネタではなく、色々と考え&変更(魔改造ともいう)されているので、好みは分かれるかもしれません。この世界の戦車道界では(まだ女子大生なはずの)ダー様の影響力が(良くも悪くも)大きく、「これもダージリンって奴の仕業なんだよ!」「おのれ、ダージリン!」という遣り取りが鉄板になっていますし。ストパン、まどマギ、Fate、艦これなどのキャラが大学の同級生や戦車道ライバルとして登場するのも賛否ありそう。キャラ描写が巧みで、私は好きなんですけどね~。

2)『やる夫はヒーローを目指すそうです
ヒロアカ二次創作。九州のとあるヒーローアカデミーを舞台に、「個性は“洗脳(視線による瞬間催眠)”」というどう見てもヴィラン向けの主人公(当然、周囲は警戒心バリバリ)が、それでも腐らず真面目にヒーローを目指す物語。あんこ形式なんですが、ダイスの結果、「某ヘラクレス並の恵体を持ち、個性は基本的に使わず、ガチンコで勝負」「性格はやや内気だが紳士/真摯で頭もいい優等生」となって、まさにヒーローの王道を突き進みます。要所要所のダイス監督の盛り上げ方も巧みで、すごくすんなり読めるエンターテイメントに仕上がっています。同作者の中短編「やる夫は三文ヒーローのようです」や「食戟のヤルオ」も、かなり楽しめるかと。

3)『影走中』シリーズ
貧弱男爵さんがご近所さんの「シャドウラン」熱にあてられて立ち上げた、シャドウラン世界を舞台にした新シリーズ。内容は……まぁ、いつも通り「女神(ダイス)の荒ぶる馬鹿騒乱(バッカーノ)」なんですが、混沌と混乱と馬鹿と馬鹿と大馬鹿が集って、なんでこんなに巧く話が回るのかが謎。しかも、大方、主人公たちは途中ヒドいメに遭いつつも、最後はハッピーエンドにダンクされますし(そこが私好みだったりもするんですが)。98=大天使数という公式を生み出したグラーフさんには草。「呪いのオナホ」「性癖のシャドゥラン」あたりもパワーワードですなぁ。ちなみに、男爵さんが今「なろう」に連載し始めたガルパン二次SS(※文字オンリーです)も、ここのノリが好きなら要注目。
プロフィール

KCA(嵐山之鬼子)

Author:KCA(嵐山之鬼子)
Pixiv、なろう、カクヨムなど色々書いてます。感想などもらえると大変うれしいです。
mail:kcrcm@tkm.att.ne.jp

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード