ヘヴンズ・フィール1章、観ました

 一応、『月姫』の頃からの型月ファンのハシクレとして、『Fate』最新作の映画を観てきました。
 方々で言われてますが、士郎と桜の出会いの経緯が丁寧に描かれているのっていいですねぇ。ゲームでも最初からあの描写があれば、桜も不遇ヒロインと言われなかったろうに……。
 ちなみに、私、前々から言ってる通りツンデレはあまり好きではありませんが、ヤンデレは(程度と傾向にもよりますが)割と許容できるタイプ。より正確に言うなら、「主人公と相思相愛であり、かつ他の異性が主人公が言い寄った際に過剰な攻撃性をその異性に向ける」タイプならOK。泥棒猫(あくとう)に慈悲は無用でしょう。また、交際中の主人公が浮気(これもまぁ、定義が難しいですが)した際に、主人公を責めたり泣いてすがったりするのも、まぁ、アリでしょう(それだけ愛していることの裏返しでしょうし)。某NiceBoatな作品で言うところの言葉タイプは〇で、世界タイプは×ってところですかね。
 で、そんな嗜好の私からすると、間桐桜という少女は、かなり好みに近いタイプなので、今回の映画化は誠に嬉しい限り。もっとも、今回の1章に於ける桜は、むしろ「控えめでけなげな後輩」そのものなんですが……これはこれで良し! 今から来年公開予定の2章が楽しみです。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

KCA(嵐山之鬼子)

Author:KCA(嵐山之鬼子)
Pixiv、なろう、カクヨムなど色々書いてます。感想などもらえると大変うれしいです。
mail:kcrcm@tkm.att.ne.jp

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード