ネーミングセンス0

 小説にせよマンガにせよ、あるいは映画や動画の類いにせよ、オリジナルストーリーを製作する人にとっての共通の課題のひとつが「登場人物たちの名前」ではないかと思います。
 これが完全な異世界なり中世欧州を模した世界観なりであれば、ある程度好き勝手もできるのですが、近現代の日本が舞台となると、なまじ自分達に親しい環境だけに迷いもひとしお。やる夫スレのやる夫・やらない夫や某支援所のきよひこ・としあき・ふたば・わかばなどのように、お約束的な名前を使用するのも、それはそれで楽なのですが、書手(うみのおや)としては、どうせならそのキャラに合った名前を付けてあげたいと考えるのも無理のない話。
 ちなみに、私の場合、実は(小説・漫画・ゲーム問わず)他の創作に出てくる人の名前をもじることが多いです。
 たとえば、『Trance-Possesioner』であれば、インスパイア元のラノベ『デートアライブ』からとって、時崎繰魅と逸架史郎/史緒梨。『テディベアブルース』のヒロイン・立花亜梨子は、まんま『デレマス』から。『Nervous-Breakdown』の東雲市歌と折原邦樹の元は……ちょっと捻ってますが『IS』ですね。『けれど、輝く星空のように』の星崎 空と桜合 舞は……SSのタイトル自体がネタバレですね。『それは舞い散る桜のように』より。
 逆に完全オリジナルな名前で苦労したのは、『あなたにそこにいてほしい 』とか『戦う妖精乙女プリティキュート!』などの主人公とヒロインでしょうか。立場交換物という特殊なジャンルのため、いろいろ悩んで工夫した記憶があります。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

KCA(嵐山之鬼子)

Author:KCA(嵐山之鬼子)
Pixiv、なろう、カクヨムなど色々書いてます。感想などもらえると大変うれしいです。
mail:kcrcm@tkm.att.ne.jp

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード