誰得解説その7

 『We are born to be BONE!!』、ちょっぴりスランプです。書きたい内容と方向は決まっているのですが、筆がノらないというか巧く描写できない感じ。
 箸休めも兼ねて、コチラにムダ設定をば。
 今回は、第二部になって登場したばかりの刀子の軍団長とその部下/弟子のリーヴェさんです。


○カスミ
 本名不明(より正確には、主君であるサトゥマ他数名は知っている)で、カスミというのは本人曰く「お仕事用の芸名」。年齢不詳(20代半ば~30代前半?)のふんわりした印象の女性で、一見、諜報や暗殺に関わるような人種に見えないが、必要とあれば笑顔のまま相手を消せるタイプ。表向きは、体術を主体とする格闘技「ヴォイド流」(護身用として女性や庶民などにはそこそこ人気がある)の女道場主として、王都に根を張っている。外見イメージは「成長した西行寺幽々子」。
 ドムスには好意的にふるまうのだが、ドムス自身は相手の底が見えない(さらに言うと別れた昔の彼女と似ている)ので苦手としている。

●リーヴェンシル・ゼファー
 貧乳眼鏡っ子(16歳)。通称リーヴ。行方不明の王女の動向を探るためにドムスの元に派遣された駆け出し密偵。スカウトとしての能力は駆け出しにしては案外優秀で、本好きなので知識も豊富なのだが、気弱で自分に自信がなく、いつも貧乏くじを引いて(引かされて)いる。実は元没落貴族のお嬢様(ただし末っ子)だが、実家が破産状態になって身売り秒読み状態のところをカスミに拾われ、強制的に内弟子にされ、数年後、刀子の軍団に入れられたという経歴を持つ。イメージは外見が「デトアラ」の時崎狂三(制服時)+「物語」の羽川翼(長髪版)で、性格は鷺澤文香。サブヒロイン的立場になれるか?
 コミュ障気味なところがあるが、王女探索のためにシュートたちと組んで仕事をするようになってからは、彼らのことも仲間としてある程度信用するように。
 近距離ではヴォイド流格闘術、距離が空くとパチンコによる射撃で戦う。格闘の腕前はそれなり(あと数年で師範代になれる)程度だが、射撃はかなり正確で、「無造作に撃って20メートル先から喫煙者のタバコを口から落とさずに火だけ消せる」レベル(ただし素の威力は低い)。一応、スカウトの心得として短剣や弓の扱いもこなせるがあくまで「使える」レベル。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

KCA(嵐山之鬼子)

Author:KCA(嵐山之鬼子)
Pixiv、なろう、カクヨムなど色々書いてます。感想などもらえると大変うれしいです。
mail:kcrcm@tkm.att.ne.jp

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード