『Nervous-Breakdown』(中)

 今回は(中)。立場交換スレではここでendとしましたが、実は続きがあります。それを次回の(下)でお見せできるかと。
 なお、(上)に関しても一部【土曜日】バートを加筆修正したので、そちらももう一度目を通していただけるとありがたいです。


Nervous-Breakdown』(中)

安息なき日曜日

 土曜の夜から日曜の朝にかけては、前日心身共に疲れ果てていたせいか、夢も見ない爽快な睡眠を心ゆくまで堪能することができた。
 8時半ごろに目が覚めて、部屋を見まわしてみたんだけど、昨日のままでとりたてて変化している様子は見受けられなかった。
 階下に降りて挨拶した父さんと母さんの様子も昨日と変わりはなさそうだ。
 それですっかり油断してたんだけど……。
 やっぱり「変化」は発生してたんだ。

 朝ごはんを食べたあと、僕は近所の本屋に行ってみることにした。
 本棚の娯楽本の類いはともかく、せめて参考書くらいは買い直そうと思ったんだ。
 「あ、この服可愛い♪ コッチのポーチもいいけど、自分で買うと高いんだろうなぁ……って、あれ?」
 けれど──気が付くと僕は、書店の片隅の女性向け雑誌のコーナーでファッション誌を立ち読みしてた。
 「駄目ダメ、今日は参考書を買いに来たんだから……」
 何とか当初の目的を思い出すと、後ろ髪を引かれる思いを振り切って、数学と英語の基礎向け参考書は選んで、レジに持っていく。
 でも、レジの前に『華と梅』の最新号が置いてあったのを見た途端、反射的にそれも手に取って、一緒に購入しちゃったんだ。

 その後も、真っすぐ家に帰るつもりだったのに、なぜか繁華街を歩いているうちに、ブティックやファンシーショップについつい興味を惹かれて、買う気もないのに色々見て回っちゃうし……。
 ようやく家に戻っても、お昼を食べる段になって、気が付いたら食パンに思い切りた~っぷりジャムを塗ってた。しかも、なぜかそれを美味しく感じちゃうんだ!
 (あんまり僕、甘過ぎるものって好きじゃなかったはずなのに……)
 逆に、コーヒーは妙に苦く感じて、ミルクを大量に入れてカフェオレにしないと飲めなかったんだよね。

 「もしかして……」
 部屋に戻ると、僕は意を決して買ってきた『華と梅』最新号を手に取り、ページをめくる。

 ──おもしろい!
 昨日、本棚の少女マンガを試しに何冊かパラパラ開いてみたときは、まるで興味を惹かれなかったはずなのに、今日は全然感じ方が違うんだ。
 夢中になって最後まで読み終わってから、僕は独り言をつぶやいた。
 「ふぅ……つまり、今日は私(僕)の“趣味嗜好”が変わったのね(変わったんだな)」
 念のため、本棚にある他の女の子向けラノベを見たり、スマホにダウンロードされてたアプリをプレイしてみたりしたんだけど、そのどれも十二分に楽しむことができたから、たぶんこの推測は間違いないだろう。

 「まぁ、これで部屋で暇がつぶせるのは助かったけど……」
 でも、逆に言うと、今の僕は少年誌やギャルゲーを見てもつまらないと思ってしまうのかもしれない。
 さらに言えば、男性向けのグラビアやH本を目にしても……。

 それ以上考えるのは男としてのアイデンティが揺るがされるようで怖かったので、僕はあえて気づかないフリをして、3BSのソフト──ファンシーな擬人化どうぶつたちに向けて色々な服をデザインするゲームに熱中していったんだ。


縁変える月曜日

 明くる月曜日。
 毎日自分を襲う“異変”に怯えつつも、さすがにそろそろ打ち止めじゃないか──と、淡い期待を抱きつつ登校したんだけど、甘かった。
 学校の最寄り駅まで電車に乗り、そこからは10分ばかり歩いて通うというのが、いつもの僕の通学路なんだけど……。
 「おっはよー、トモキ」
 駅から降りて改札口を出たとたん、見覚えのある女の子に妙に親し気に声をかけられたんだ。確か、隣のクラスの湯出(ゆで)さん、だったかな?
 「あ、うん、おはよう、乃亜(のあ)」
 あれ、僕、この子の苗字はともかく名前なんて知ってたっけ。それに、ごく自然に名前で呼びかけちゃったけど……。
 「トモキさぁ、昨日ジパングテレビでやってたアレ観た?」
 けれど、湯出さん──乃亜の方も、別段気にしてない様子で、平然と話をフッてくる。
 「あ、もしかして10時からやってたアレ? うん、途中からだけど……」
 しかも、僕もなんとなく普通に会話につきあっちゃってるし。
 「やっふ~、ノア、トモキ!」
 今度は学校近くで同じクラスの山田さんが会話に入って来た!?
 「お、マーヤ、おっはー」
 「おはよう、真綾(まあや)」
 山田さん──真綾の名前は、クラス名簿で見たことくらいはあったかもしれないけど、それでもハッキリ覚えてた自信はないのに、今ごく自然にするりと口から出ていた。
 その後も、心の中に「?」マークを目いっぱい抱えつつも、結果的に僕はふたりと楽しく会話しつつ、学校までの道のりを歩くことができちゃったんだ。

 そして、「それ」は登校途中だけじゃなかった。
 いざ教室に着いても、僕の席の周りにいつの間にか真綾や瀬理(有方さん)が寄って来て、とりとめもない雑談をしていく。
 ううん、正確には、僕もその中に混ざって、普通に受け答えしてるんだ。
 元々僕は、同性の男子とさえ会話を続けるのがあまり得意じゃなかったはずなのに、クラスメイトというだけで今までロクに話したことがないはずの彼女たちとのおしゃべりを、当たり前のように楽しんでいた。
 そう──楽しいんだ。たいして内容も意味もない、まさに「駄弁る」としか言いようのない会話を続けることが。

 そう自覚した途端、僕はこれが今日もたらされた“異変”なんだと気づいた。
 反射的に教室の前の方に視線を向けると、そこでは東雲くん(さん?)が、見覚えのある男友達ふたりと、ゲラゲラ笑いながら何か馬鹿話をしてるみたいだった。
 (あれ、あのふたりって……)
 とっさに名前が出てこない。
 (えーと、確か、同じクラスの、大鳳くんと、更科くん?)
 苗字は覚えていたけど、名前まではわからないなぁ……って!
 (! な、なんで!? クラスで一番親しい男子だったはずなのに)
 その時、かろうじて土曜日にふたりと遊んだ記憶を思い出して、蒼白になる。
 (もしかして、今日入れ替わったのは「交友関係」ってこと?)
 そう思い至ったとたん、僕の中に土曜日に「真綾や瀬理、乃愛たちとカラオケに行った時の記憶」が「甦って」きた。

 行きつけのカラオケボックスを4人で2時間借りたこと。
 自分は2番目にパフュの『ベビィ・クライ・ラブ』を原曲のキーで巧く歌えたこと。
 途中でオレンジジュースと間違って届いたカクテルを瀬理がひと口飲んでしまい、妙にハイテンションになってしまったこと。
 最後はTKBの『ハッピーローテーション』を4人でいっしょに踊ってみたら、思いのほか綺麗に揃って、なんだか嬉しかったこと。

 ──それらの「記憶」が確かな実感を伴って“思い出せ”てしまう。
 そしてそれと引き換えに、大鳳くんたちと遊んだという記憶が、ひどく曖昧になっていったんだ。
 (そ、そんな……嘘でしょ……)

 「え!? ちょっとどうしたのよ、トモキ??」
 「トモ、アンタ真っ青な顔してるけど、大丈夫?」
 急に蒼白になった僕の様子を心配して、真綾たちが色々気遣う言葉をかけてくれたけど、僕には「だ、大丈夫、ちょっと目まいがしただけだから。貧血かな?」と言い訳するのがやっとだった。


そして再びの火曜日

 僕が東雲さんとケンカ(というか一方的に罵倒)した日から1週間が過ぎ、再び火曜日が巡ってきた。

 その日の朝から、僕はヒドく憂鬱だった。
 (今日はいったい何が起こるんだろう)
 普通なら不思議な未知なる現象に遭遇するという経験は、大なり小なりワクワクするものなのかもしれないけど、この件に限っては僕はまったくそんな気になれなかった。
 (次は何を奪われるのか……)
 正確には、「奪われ」ているわけじゃなく、「交換」されているんだろう。
 でも、僕の意思も都合もお構いなしに一方的に実行されるそれは、まさに略奪されているとしか思えなかった。
 正直、無遅刻無欠席のポリシーを曲げて学校をズル休みしようかとも考えたんだけど、昨日の「交友関係」みたく学校に行かないと気づかないことがあって、それを知らないままでいるというのも、それはそれでイヤだった。

 そんな状態だから、当然ながら学校に着いてもテンションは低いままで、真綾や瀬理の話相手をするのも億劫だったけど、昨日の不調が長引いてると解釈してくれたのか、彼女達はむしろ同情的な目で見てくれてるようだった。
 「もしかしてトモキ、“アレ”?」
 「そういえばアンタ、そろそろだったよね」
 「う、うん、まぁ……」
 よくわからないけど曖昧に頷いておく。
 「そっか~。じゃあ、今日の部活の練習は休んだ方がいいよね」
 「部長にはわたしたちの方から言っといてあげるよ」
 「あ、ありがと」
 短く感謝の言葉を伝えつつも、頭の中で今のやりとりを検証する。
 (確か、真綾や瀬理は東雲くんと同じ女子バレー部だったから──もしかすると、今の私もバレー部に所属してることになってる?)
 コレが今日の“異変”なのだろうか?
 いや、月曜は部活がなかったから発覚しなかったけど、僕の交友関係が変化している以上、昨日の時点ですでに僕はバレー部員ということになっていたのかもしれない。
 だからこそ、隣のクラスだけど同じバレー部員である乃愛が親しげに話しかけてきたのだろうし……。

 無意識にチラッと前の方の席の東雲さんを見ると、“彼”は眼鏡をかけて何か文庫本らしきものを読んでいるようだった。
 (! そういえば、私、いつの間にか眼鏡をかけなくなってる)
 いったいいつからだろう?
 少なくとも、日曜に部屋でゴロゴロしている時には、裸眼でも問題なく本やマンガを読めたのは確かだ。
 (そりゃ、この席からでも黒板がよく見えるのは、一応メリットだけどさぁ)
 でも、たとえ視力が悪いままでもいいから、できれば元の状態に戻りたい。
 僕は切実にそう願わずにはいられなかった。

 * * * 

 僕たち──僕と東雲さんに起きた“異変”を除いて、今日も退屈なくらい平穏に授業時間は過ぎていく。
 真綾たちにああ答えた手前、さすがに今日明日くらいはおとなしくしているべきだろうし、第一はしゃぐ気には到底なれなかったけど、それでもありふれた“日常”に流されている間は、自分の“現状”を意識せせずに済む。

 授業中、僕は──ややもすると居眠りしたくなる春の陽の誘惑に抵抗しつつ──懸命にノートをとっていた。書いてる字が、いつの間にか丸っこい女の子文字になってるのは、気にしたら負けだと割り切る。
 あいかわらず先生の言うことは難しく感じたたけど、それでも先週の木曜日のようにチンプンカンプンってことはなく、落ち着いて考えれば半分以上はちゃんと理解できる。
 (つまり、東雲くんの学力だって、真面目に勉強してれば十分ついていけるってことよね)
 コレは数少ない朗報(?)と言えるかもしれない。

 そして迎えた放課後、部活に行く真綾と瀬理を見送ったあと、スケッチブックと画材の入ったバッグを持って教室を出ようとしている(たぶん美術部の部活に行くのだろう)東雲さんに、勇気を出して声をかける。
 「待って、東雲くん!」
 ピタリと足を止めて振り返る東雲さん。
 僕とほとんど変わらない背丈や肩幅で、短めの髪もメンズモデルっぽいヘアスタイルにまとめているせいか、男子のブレザーを着た東雲さんは、まるっきり普通の(あるいはちょっとカッコいい)男子生徒に見えた。
 「──何か用、折原さん?」
 身長的にはほぼ対等なはずなのに、なぜか見下ろされているような気になって落ち着かない。それでも、再度勇気を奮い起こして、僕は“彼”に言った。
 「その……相談したいことがあるの。少しだけでいいから、時間もらえないかな?」
 「相談──相談ねぇ。ま、部活が終わったあとならいいぜ」
 少なからず含みのありそうな視線を僕に向ける東雲さんだったけど、意外にあっさり了解の返事をくれた。
 「美術部は5時半頃に終わるから、その時間、この教室で落ち合うってのでいいか?」
 「う、うん、それでいいわ。ありがとう」
 お礼を言う僕を面食らったような目で見つめる東雲さんだったけど、フイと視線を逸らして、そのまま教室を出て行った。
 (これで第一段階はなんとかクリアーかな。あとは何とかして東雲くんを説得しなきゃ)
 そう心の中で堅く決意した僕だったんだけど……。

 * * * 

 そして、ここで物語は冒頭の時間へと巻き戻る。
 最後のアイデンティティの砦ともいえる“名前”さえも奪われ(交換され)てしまった“少女”は、力なく肩を落としつつ校舎の昇降口へと向かい、「東雲」と書かれた下駄箱からスクールローファーを取り出して履き替えた。
 そのまま、無意識に校舎の裏手にある自転車置き場へと向かいかけて、ハッと気が付いて足を止める。
 「え? 私、自転車通学だったっけ?」
 そんなはずはない。折原邦樹の家は、ここから電車で数駅離れて場所にあるため、「女の子の足で」自転車通学するのはかなり難しいはず……。

 (──でも、“東雲市歌”の家ならば?)
 唐突に沸き上がってきた疑問に、心の中の誰かが答えた。
 (問題ないよね。自転車で10分弱、歩いたって20分くらいしかかからない距離なんだから)
 「そんな、そんなことって……」
 懸命に、隣の区にあるはずの折原家の場所を思い出そうとしても、具体的なビジョンが何も浮かんでこない。それどころか、どの駅で降りるのかさえ、わからなくなっていた。
 「まさか……私、これからは東雲家に帰るしかないの!?」
 試しに自転車置き場を覗いて見れば、「自分がいつも通学に使っている自転車」がどれなのかすぐわかったし、スカートのポケットから取り出した鍵であっさりロックを外すこともできた。
 おそるおそるまたがると、サドルの高さもハンドルの位置もあつらえたように自分にピッタリだ。

 意を決し、ペダルに足をかけて漕ぎ出そう──としてみたものの、それでもやはり少なからぬ迷いはあった。
 このまま“東雲市歌”の自転車で漕ぎ出せば、今の自分が“市歌”だと自分で認めることになるのではないか。そんな気がしたのだ。
 しかし……。
 「おーい、そろそろ下校時刻だぞー、寄り道せずに気をつけて帰れよ~」
 「は、はいっ」
 下校見回りの教師にそう声をかけられ、反射的に返事をした“少女”は、そのままペダルを踏み込んでしまう。
 あっけないほど軽快に自転車は動き出し、ほとんど意識していないのに、そのまま“少女”は「初めてのはずなのになぜか見慣れた街並み」を通って、ほどなく東雲家に着いて──いや、“帰って来て”しまった。

 駅からは少し離れた住宅街の外れ近くに祖父の代に建てられ、何度かの細かい改装を経た、やや古めの日本家屋。それが東雲家だった。
 建売ながらモダンな洋風建築の折原家とはまるで趣きが異なるが、それでもなぜか「ここが自分の家だ」という安堵感が“彼女”の中に湧き上がってくる。
 庭の隅のガレージの一角に自転車を押し込むと、意を決して“彼女”──“東雲市歌”となった“少女”は、玄関のドアを開けて中へと入っていく。
 このままでいいのかという躊躇いも、他人の家に勝手に入るという罪悪感も等分にあったが、“少女”はそれに気付かないフリをする。

 (だって、ここが私の家なんだもん! ここに帰るしかないんだもん──私は東雲市歌だから)
 ツツーッとひと筋の涙がこぼれたが、それを見られないようこっそりハンカチでぬぐうと、“市歌”はワザと明るい声で台所にいる“母親”に挨拶をする。

 「ただいま~、ママ、今日の晩ご飯はなーに? 私、お腹ペコペコだよ~!」

(つづく)
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

KCA(嵐山之鬼子)

Author:KCA(嵐山之鬼子)
Pixiv、なろう、カクヨムなど色々書いてます。感想などもらえると大変うれしいです。
mail:kcrcm@tkm.att.ne.jp

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード