『戦う妖精乙女プリティキュート! ~名札シリーズ第4弾~』

 「友達でも家族でも親戚でも、それどころか知り合いですらない者同士の立場交換」というネタを某所でフッて、その実例として書きあげた短編が本作。もっとも、あまりウケなかったようですが……。
 あ、副題からわかる通り、「名札はキチンと付けましょう」の流れを汲む作品です。



戦う妖精乙女プリティキュート! ~名札シリーズ第4弾~』

-1-

 「来ちゃった……」
 春日部 望(かすかべ・のぞむ)は、大学に入って初めての連休に、関東の地方都市から電車を乗り継いで横浜まで来ていた。
 目的は──半年ほど前にできたアミューズメント施設“プリティキュートワールドスタジオ”。女子小学生をメインターゲットに、一部の「大きなお友達」も含めて巷で大人気のアニメ『プリティキュート』シリーズをモチーフにした、屋内型テーマパークだ。
 断っておくと、望はインドア派ではあるが、いわゆるアニメヲタクというわけではない。純粋に『プリティキュート』が好きなのだ。
 これは、小学生時代を通じて、日曜朝の『プリティキュート』シリーズを2歳上の姉とともにワクワクしながら見ていたという幼児体験に基づくのだろう。
 中学校に入ってからは、さすがにその種の番組を見るのは思春期の少年にとっては気恥ずかしく、一時は『プリティキュート』から遠ざかっていたのだが……。
 高校生になって小遣いに余裕ができてからは、こっそりレンタルでDVDを借りて見るようになり、再び『プリキュー』熱が再燃したのだ。
 結局、大学入学時までその熱は醒めることなく、ネットで横浜にこのプリティキュートワールドスタジオが出来たと知って、今回一念発起してここまでやってきた、というわけだ。

 プリキュースタジオの各種展示やアトラクションにも心惹かれながらも、真っ先に今日のお目当ての場所に行くことにした望だったが──残念なことにひとつ誤算があった。
 「えっ、ダメなんですか?」
 「はい、誠に申し訳ありませんが規則ですので……」
 「そ、そんなぁ~」
 この施設の目玉企画のひとつである「プリティキュートなりきり撮影会」のコーナーで、がっくりとうなだれる望。
 望の今日の一番の目的は、「このコーナーでプリティキュートの衣装(コスチューム)を着て写真を撮ってもらう」ことだったからだ。
 「えっと、ネットで調べた限りでは、フレッシュネスプリキューとかプリティルナリスのコスチュームなら、僕もサイズ的にも着られると思うんですけど」
 このスタジオの公式サイトの説明によれば、プリキュー乙女の中でも、比較的長身なイメージのフレッシュネスの4人やルナリスの衣装は160センチ用のものが準備されているという。
 望の身長は163センチで体重も軽く、19歳の男性としてはかなり小柄で華奢な方だ。普段はあまり嬉しくないが、そんな特徴が思いがけず役に立つと思っていたのだが……。
 「いえ、衣装のサイズの問題ではなく、この企画は小学生の女児限定のものですから」
 しかし、係員の返事は無情だった。


-2-

 「はぁ~~、残念だなぁ」
 気落ちして、トボトボと歩み去ろうとした望。だが、天は彼のことを見捨てていなかった──後々の展開(こと)を考えると天の恵みというより悪魔の戯れのような気もするが。
 「ちょっとキミ、いいかしら?」
 「へ!?」
 ポンと肩を叩かれ、声を掛けられた望が慌てて振り返ると、そこには20代後半から30歳手前くらいに見える優しげな女性が立っていた。
 左手で7、8歳くらいの女の子の手を引き、さらにその隣に小学5、6年生くらいの少女がいるところから見て、そのふたりの保護者なのだろう。
 「キミ、なりきり撮影会で写真を撮るの断わられてたわよね。何とかしてあげようか?」
 いくら相手が優しげな年上の美人でも、初対面の人にこんな風にいきなり声をかけられたら、怪しく思うのが普通だろう。
 しかし、今の望は一番楽しみにしていたことのアテが外れて激しく落ち込んでいた。そのため「藁にもすがる思い」というヤツで、相手の話につい耳を傾けてしまったのだ。
 「! 本当ですか、お姉さん!?」
 「あはは、やーねぇ、こんなおばさんにお姉さんだなんて。でも、うれしいから、おねーさん、はりきっちゃうゾ♪」
 途端に上機嫌になった女性──本人は西条眞子(さいじょう・まこ)と名乗った──は、望を人目を避けるようにアトラクションの裏手のスペースに連れこみ、年長のほうの娘の耳元に何事かを囁く。
 「……って感じなんだけど、どうかしら?」
 「いいよ。何かオモシロそうだし」
 どうやら少女の方からも同意が得られたようだ。

 その後、眞子から聞かされた話は荒唐無稽な代物だった。
 彼女達──眞子とその娘たちは魔女の末裔で生まれつき不思議な力を持っていると言うのだ。
 「と言っても、血の薄れた現代じゃあ、それほど大したことはできないんだけどね」
 それでも、魔法の力を秘めたアイテムを作って、こっそり裏ルートで売りさばいていたりするらしい。
 「で、そのひとつが昨日作ってみたコレ。「立場交換の名札」。ふたりの人間が自分の名前を書いた後、その名札を交換してつけると、周囲からは名札に合わせた立場として認識されるの」
 この名札を使い、彼女の娘の希美(のぞみ)と一時的に立場を交換したらどうか、と言うのだ。
 「そ、そんなことが……」
 ゴクリと唾を飲む望。普段なら眉唾物な話しだが、望は直感的に相手が嘘をついていないと感じていた。
 「えっと、希美…ちゃんは、それでいいの?」
 「うん。元々、ここに来たがったのは妹の真菜(まな)で、ボクはそんなに興味なかったし」
 確かに希美は、髪が短かめでシンプルなパーカー&デニムのショートパンツという服装の、いかにもボーイッシュな印象の子だ。こういう魔法少女系の番組に夢中になるタイプとは思えない。
 「それに、大学生の男の人の立場になってみるってのも、おもしろそうだし。
 あ、でも、ボクの代わりに今日は真菜につきあって、このスタジオを一緒に回ってあげてね」
 それが対価ならお安い御用だった。


-3-

 望と希美の立場交換は呆気ないほど簡単に実現した。

 少女と並んで休憩スペースの一角に腰掛け、眞子から渡された名札にサインペンで自分の名前を平仮名で丁寧に書き込む。
 「お兄さん、はい、コレ」
 希美から彼女の名前が書かれた名札を渡され、代わりに自分の書いた名札を手渡す。
 手にした「さいじょう のぞみ」名義の名札を、安全ピンでトレーナーの胸に止める。
 望がしたのはそれだけだ。
 名札を付けた時、ほんの一瞬、静電気のような悪寒が背筋を駆け抜けたが、それもすぐに収まった。
 念のため確認してみたものの、着ているものはそのままだし、ガラスに映る顔も元のまま変わっていない。服を脱ぐわけにはいかなかったので直接見たわけではないが、身体の方も男のままだろう。

 だが、周囲の反応は一変していた。
 先程までの、周囲の親子連れ(の特に親)からの場違いなものを見るような視線は皆無になり、不審げな視線の矛先が望の名札を付けた希美の方に向けられるようになっていたのだ。
 「うーん、このまま此処にいるのは居心地悪そうだし、ボク、通りの向かいにあるブックセンターで時間をつぶしてるよ。終わったら、迎えに来てね」
 望と異なり、プリキューに興味のない希美は、あっさりその場からの離脱を選ぶ。
 「ええ、わかったわ……じゃあ、行きましょうか、「ノゾミ」、真菜」
 “母”である眞子に促されて、望は眞子や真菜と共に、再び「なりきり撮影会」のコーナーへと足を運んだ。
 またもや断わられるかも……という望の懸念は杞憂に終わり、係員はにこやかに“母娘三人”に応対し、衣装の用意された着替え室へと招き入れてくれた。
 「マナはねぇ、『スマキュー』のプリティハピネスがいいなぁ」
 “妹”の真菜は、“変身”するプリキューをすでに決めてあるようだ。なるほど、真菜の両耳の上で髪を束ねた髪型は、ハピネスに変身する夜空みきのヘアスタイルを真似たものなのだろう。
 「ねぇねぇ、「ノゾミおねぇちゃん」は?」
 「え!? ぼ、僕は……」
 作品ごとに分けて陳列された衣装に目をやる。
 最初に来たとき係員に対して口にした『フレッシュネスプリキュー』やプリティルナリスの出る『ハートフルプリキュー』も決して嫌いではなかったが、望の一番のお気に入りは別にあった。
 「──プリティビューティフル、とか」
 奇しくもそれは、真菜が好きなプリティハピネスと同じ作品『スマイリングプリキュー』に登場するプリティキュートで、5人目の仲間となるプリキュー乙女の名前だった。
 「あら、じゃあ、ちょうどいいじゃない。ねえ、係員さん、ハピネスとビューティフルの衣装、この子達のサイズのものはある?」
 「はい、そちらの小さいお嬢様の分はございます。お姉様の分も……問題ありませんね。160センチ対応のものが用意されておりますから」
 どうやら、大丈夫なようだ。


-4-

 ハンガーに掛けられた衣装──青を主体にしたフレンチスリーブのミニドレスや小物類を受け取り、ドキドキしながらカーテンで区切られた1メートル四方くらいの狭い試着スペースに入る。
 望自身の今日の服装は、着替えやすさを考慮して紺のトレーナーとカーキ色のバミューダショーツを着てきていた。アンダーは白のTシャツとブリーフだ。
 手早くトレーナーとバミューダショーツを脱ぎ、襟周りが露出したデザインのワンピースなのでTシャツも脱いでから、ちょっとためらったものの最後のブリーフも脱いで全裸になり、まずは化繊の青い三分丈スパッツをじかに履く。
 (わっ、すべすべ……)
 興奮しそうになるのを懸命に堪える望。股間の余計なものは、万が一を考えて無理矢理後ろ向きに押さえこんでからスパッツを履いておいたのだが、どうやら正解のようだ。
 自然と内股気味になりながら、ミニドレスの背中のジッパーを下ろし、袖を通す。
 「ちょっとキツ……くもないか」
 丈はともかくウェストや肩回りが厳しいのではと思ったのだが、多少手間取りながらもジッパーを上げてみると、意外にも望の身体にあつらえたようにピッタリだった。
 両手首に白いリストバンドをはめ、狭いので苦労しつつ、白と水色で彩られたエナメル製のロングブーツを履く。
 鏡がないので全身は見えないものの、視界に入る胸から下は、これでまるっきり憧れのプリティビューティフルとまったく同じ姿になれたのだ。望は感無量だった。

 と、その時。
 「ノゾミぃ~、お着替え大丈夫?」
 カーテンがめくられ、“母”──眞子が覗き込んできた。
 「ひゃっ! だ、だいじょーぶデス」
 「あら可愛い。あとは髪型だけね……ほら、こっち」
 手を引いて試着スペースから連れ出される。
 今まで経験したことのない“かかとの高い靴”の感触にバランスを崩しかけたが、幸い眞子が支えてくれたので、どうにか転ばずにすんだ。
 「あはは、ノゾミちゃんにはハイヒールはまだ少し早かったかな」
 係員に微笑ましいものを見るような視線を向けられ、真っ赤になる望。
 (うぅ~、恥ずかしいよぉ)
 そのままスツールに座らせられると、頭に何かをかぶせられる。
 視線を動かすと自分の頭から青いロングヘアが垂れ下がっているのがわかった。氷の乙女ビューティフルと同じ髪型のウィッグをかぶせられたのだろう。
 さらに、軽くメイク(といっても、アイライナーで目の周りを強調し、薄くリップを引いたくらいだが)までしてもらった後、ようやく望は姿見の前に立って自分の姿を確認することができた。
 「ふわぁ……」
 鏡の中の自分は、まるっきり「プリティビューティフル」そのものだった。

 「──しみじみと染みわたる清き心! プリティビューティフル!! 」
 憧れのプリキューになれた。その感動と興奮のあまり、思わず作中のビューティフルの決め台詞を言いながら鏡の前でポーズをとってしまう。
 そこで我に返れば羞恥のあまり逃げ出したくなっただろうが……。
 「ノゾミおねぇちゃん、カッコいい!」
 “妹”の真菜が絶賛してくれたおかげで、昂揚した気分を保つことができた。
 「そ、そう? ありがとう。真菜ちゃんも可愛いよ」
 その言葉は決しておせじではなく、ピンクのお下げをなびかせて桃色基調のコスチュームを着た真菜は、抱きしめたいほどにキュートだった。
 「えへっ、そうかな。「キラキラきらめくきぼうのひかり! プリティハピネス!!」……どう?」
 やや舌足らずながら、ドヤ顔で台詞とポーズをキメる真菜の姿に、その場に居合わせた者全員──「ノゾミ」や眞子、担当係員だけでなく、他のお客や係員までもが、思わず拍手する。
 その勢いのまま撮影スペースでの記念撮影になだれ込み、カメラマン(と言っても撮影係というだけだが)も大いに乗り気で、このノリが良くて絵になる“姉妹”を撮影。
 本来はひとりにつき写真撮影は5枚だけなのだが、運がいいのか悪いのか、偶然にもちょうど他の3人のスマイリングプリキューのコスプレをしていた子たちがいた。
 そのため、個別写真とは別に、ノゾミと真菜は彼女たちと合流して5人並んで様々なポーズで10枚以上撮影されたうえ、「ぜひ、このスタジオの宣伝用サンプルとして使わせてほしい」と懇願されてしまう。
 勢いで了解したものの、後日、“姉”の方は公式サイトに掲載されている自分達のコスプレ姿を見て、恥ずかしさに身悶えるハメになるのだった……。


-5-

 一生の思い出と黒歴史をまとめて量産してしまった感のあるノゾミたちだったが、撮影も終わったため、名残惜しいが元の服に着替えることになる。

 「あれ?」
 しかし、あの狭い試着スペースで再度着替えをする段になって、ノゾミは微妙な違和感に襲われていた。
 「今日、着てきた服って、こんなのだっけ?」

 白いハーフトップと、イヌーピーのワンポイントが入ったピンクの女児用ショーツ。
 クリームイエローのブラウスと、デニムのキュロットスカート。
 足元は赤白ストライプのニーソックス&ミントグリーンのスニーカーだ。

 「──うん、“特におかしいところはない”よね。気のせいかな」
 (5年生にもなって、ブラが必要ないくらい胸がペッタンコなのは、正直、ちょっと悔しいけど……)
 まるで膨らみの見えない胸元に視線を落として溜め息をつきながら、ノゾミはスニーカーの紐を結び直した。
 「お母さん、お待たせ」
 “背中まで伸びた黒髪”をさらりとなびかせながら、ノゾミは更衣スペースを出た。
 「──い~え~、これくらいいいのよ。“かわいい娘”のためだもの♪」
 一瞬、軽く目をみはった眞子だったが、すぐに満面の笑顔になってノゾミを迎えてくれた。
 「あ、うん、ありがと」
 その反応が微妙に気になったものの、“母の調子がいいのはいつものこと”だと受け流しいて、ノゾミは“妹”と手をつなぐ。
 「じゃあ、真菜ちゃん、次はどこに行こっか」
 「マナね、プリキューグッズショップに行きたい!」
 「うーん、お姉ちゃんも行きたいけど、買い物すると荷物になっちゃうから、先に他のところ回ろうよ」
 「じゃあねぇ、映画コーナー!」
 「あ、いいね。ほらほら、お母さんも行こ?」
 「はいはい」

 (あらあら、こんなに早く“進行”するなんて、ちょっと予想外だわ)
 手をつないで歩きだす“姉妹”のあとをゆっくり追いかけながら、眞子は“何かおもしろいことに出食わした”かのようにアルカイックな笑みを浮かべるのだった。
 (珍しいケースだから、しばらく経過を観察したいわねぇ。あとで“本物”の希美ちゃんと要相談かしら)


-6-

 「えーと、あ! あれかしら」
 “プリティキュートワールドスタジオ”と通り挟んでちょうど斜め向かいにある大型ブックセンター内を、キョロキョロと見まわした女性──西条眞子は、ちょっと迷ったものの、すぐに目当ての人物を発見する。
 「ちょっと、いいかしら、のぞみ……ううん、「ノゾム」くん」
 眞子に声をかけられ、雑誌コーナーで男性ファッション誌を手にとり、目を通していた「少年」は振り返る。
 「ん? かあさ…いや、眞子さんか。ずいぶん早いけど、もう終わったの?」
 「いいえ、今、あの子たちは映画上映会を観てるから、ちょっと抜け出してきたのよ──相談したいこともあったし」

……
…………
………………

 「で、相談したいことって、何?」
 ブックセンター内の一角に設けられた喫茶コーナーで、向かい合って腰を下ろしたのち、「少年」……いや、本当は11歳の少女・希美である「かすかべ のぞむ」は、実の母であるはずの女性に問うた。
 「えぇと、その前に、「ノゾム」くん、貴方、自分の変化に気づいてる? たとえば服とか……」
 そう指摘されて自分の服装に視線を落とす「ノゾム」。
 「ああ、言われてみれば確かに変わってるね」
 黒い開襟シャツとアッシュブラウンのジャケットにダークグレイのスリムジーンズというコーディネイト。
 足元はブラックレザーの編み上げブーツで、さらに真鍮のチェーンチョーカーとゴツいアナログウォッチという組み合わせは、いわゆるメ●ズナックル風というヤツだろうか。
 つい1時間ほど前にプリキュースタジオで別れた時とは、似てもにつかないファッションだった。
 「へぇ、意外にイイ線いってるんじゃないかな」
 もっとも、元々男勝りな性格だった本人のお気には召したようだが。

 「買って着替えた、ってワケじゃないのよね?」
 「さすがにそこまではしてないよ。お金もないし。それで、相談って、この変化と関係あるの?」
 自分の身に起こった異変に動じていないのは、さすがは魔女の子と言うべきか、あるいは単に「彼」本人の肝がすわっているのか。
 「ええ。単刀直入に言うわ。例の名札の効果が私の予想外…というか、予想以上の効果を発揮しているの。そのヘンを見極めたいから、この立場交換をしばらく継続してもらえないかしら?」
 実の娘に人体実験に協力しろと言っているようなものだ。客観的に見れば、随分と勝手な言い草のはずだが……。
 「うん、いいよ」
 言った眞子の方が拍子抜けするほど、ノゾムの方はあっさりその提案を受け入れた。
 「い、いいの?」
 「いや、だって、眞子さん、知ってるでしょ。オレ、どっちかって言うと男に生まれたかったクチだって」
 確かに、それは眞子も母として薄々察してはいた。
 いかにも女の子女の子している妹の真菜と異なり、希美は幼少時から、あまり女らしい遊びや服に興味を示さないタチだった。
 幼稚園や低学年の頃ならともかく、5年生になった今でも友達は女より男の方が圧倒的に多く、放課後は彼らに混じってサッカーしているような子なのだ。

 「立場だけとはいえ、男、それも大学に入ってひとり暮らし始めたばかりの男性になれるなんて、むしろコッチから継続をお願いしたいくらいだよ」
 「それならいいけど──あ、知識の方は大丈夫?」
 「うん、多分ね。「春日部のぞむ」が通う大学とか、住んでるアパートとかの情報は、ちゃんとわかるみたいだし。大学の講義は……まぁ、聞いてノートとるだけなら平気じゃないかな」
 「そう。それなら、十分なデータがとれたら連絡するから、当分そのままでお願いしていいかしら?」
 「了解──なんなら、ずっとこのままでもいいよ?」
 「フフッ、考えておくわ♪」
 無論、その時は、ふたりとも冗談のつもりだった。

 しかし──迂闊なことに、この時、ふたりは電話番号やメアドなどを交換するのを失念していたのだ。
 そのため、半月あまりが過ぎ、「かすかべ のぞむだった少年」が完全に「さいじょう のぞみ」としての立場に染まりきり、本来の希美以上に「11歳の女子小学生」らしくなったのを確認できた時、眞子はそろそろ名札の効果を解除しようと思ったのだが……。
 間抜けなことに、その時初めて、彼女は自分が「かすかべ のぞむ」の連絡先を知らないことに気付いた。
 せめてノゾムの方から元の家に連絡してくれれば手の打ちようもあったのだろうが、男子大学生の気ままなひとり暮らしを堪能しているノゾムが、ワザワザそんなことをするはずもない。

 それでも、魔女としての力を駆使して、根気良く魔力の痕跡をサーチするなどの手段をとれば、ノゾムの居場所を突きとめることは不可能ではなかったろう。
 けれど……。


-エピローグ-

 「──エス・ターリアス・アウ・クーエル・トラス……」
 白と紺色を基調にしたフレンチメイドのような可愛らしい服を着た少女が、自分の身長ほどの長さの杖を手に、呪文を詠唱する。
 「レオーラ!」
 最後の一節とともに、杖の先からゴルフボールほどの大きさの光の弾丸が発射され、10メートルほど先に置かれた的(といっても単に粘土をこねて人型に固めただけの代物)を貫き、粉々に破壊した。

 「…………ふぅ。お母さん、どうでしょう?」
 杖を下ろし、肩の力を抜いた少女が、傍らで見守る、魔術の師であり、母でもある女性に問い掛ける。
 「素晴らしいわ! ウチの家系でも、若くしてこれだけ高度な魔法を駆使できる人なんて、ひぃおばぁさま以来じゃないかしら」
 “娘”の才能と技量を絶賛する眞子。
 「そ、そんな……買い被り過ぎです。
 それに、これもご先祖様からの蓄積があってのこと。私(わたくし)も、もっともっと研鑽を積みませんと」
 「あらあら、相変わらず、真面目でいい子ね、望美は」
 そう、予想外なことに、眞子の「娘」となった「彼女」には魔女としての高い適性があったのだ。
 あるいは、そんな資質があったからこそ、春日部望は男でありながら魔法少女アニメに無意識に強く惹かれ、また今の立場になったときも馴染むのが異様に早かったのかもしれない。

 「お姉ちゃん、すごいね! 本物のプリキューみたい!!」
 「ふふっ、ありがとう、真菜ちゃん。さ、次は貴女の番よ」
 「うん、ガンバる!」

 「望美」が西条家の「長女」になって、はや5年。
 あのテーマパークで出会った当初から妹の真菜とはとても仲の良い姉妹だし、父(眞子の夫)である信哉も、「以前」よりずっと女の子らしくなった「娘」を溺愛している。
 さらに、対外的な立場だけでなく、望美の身体も「11歳の健康な女の子」に相応しい肉体へと徐々に変貌を始め、名札交換から3ヵ月が過ぎる頃にはついに初潮を迎えている。
 それと前後してツルペタだった胸も膨らみ始めたため、ようやく本人のコンプレックスも解消されることとなった。「16歳」の現在は、むしろ周囲のクラスメイトの平均よりは大きめなくらいだ。

 本人ですら「以前」のことを気しなくなった現在、唯一「事情」を認識しているのは眞子だけだが、彼女としても、5年も一緒に暮らせば「愛娘」に情が湧くし、魔女の後継者としても非常に優秀なので手放したくはない。
 加えて、中学の時から私立涼南女学院という近くのお嬢様学校に進学したこともあって、「西条望美」は、今時珍しいくらい淑やかで品の良い「良家のお嬢さん」とでも言うべき子に育った、西条夫妻自慢の娘なのだ。
 お姉ちゃん大好きっ子の真菜の方も、その影響で同じ涼女を目指しているし、望美の魔法の鮮やかさに魅せられて、家伝の魔法に興味を示してくれるようになった……という余禄もある。

 (まぁ、本人も喜んでいるようだし、これはこれでいいのかしらね)
 実際、望美本人も、女子高生と見習魔女の二足のわらじ生活を、それなりにエンジョイしているようだし、このままでもとりたてて問題はないのだろう。

 唯一の懸念は、「本物の娘」だった存在(ノゾム)の行方だったが……。
 「まさか、タレントとして有名になるなんてね」
 コンビニで買ったテレビ雑誌の表紙で微笑む、甘いマスクのイケメン(にしか見えない人物)を見て、つくづく人生というのは分からないものだと溜め息をつく眞子。
 なんでも、大学時代に男性ファッション誌のモデルとしてスカウトされ、人気が出てからは俳優としても活動を開始し、やや童顔ながら美少年タイプのアクターとして、順調にファンを増やしているらしい。

 (まあ、元気にやってるなら、いいわ)
 雑誌をマガジンラックに放り込み、眞子は、もうすぐ学校から帰ってくるだろうかわいい娘達のための夕飯作りに専念していくのだった。

-おしまい-


#ちなみに、メタなことを言うと、この女子高生になった望美ちゃん、プリキュースタジオでの経験から裁縫(とコスプレ)が趣味になり、高等部では『コスプレにご用心』の片瀬睦月たちの2年後輩として現代服飾文化研究会に入部します。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

KCA(嵐山之鬼子)

Author:KCA(嵐山之鬼子)
Pixiv、なろう、カクヨムなど色々書いてます。感想などもらえると大変うれしいです。
mail:kcrcm@tkm.att.ne.jp

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード