はこいりッ!? 純情淫魔さん奮戦記

2ちゃんの「人間以外の女の子(以下略)」スレに投下した作品です。
 実はこのブログにも掲載している『九死に一生、淫魔に転生』と同じ世界観の話で、と言う事は、KCAの世界線α作品とも繋がっているということだったりします。
 ──もっとも、本作を読む上では、ほとんど関係ありませんが。せいぜい阿久津姉妹のことがチラッと出て来る程度です。

 ※例によって、ココの掲載分はR指定バージョン。18禁版はピクシヴの方でご覧ください。


はこいりッ!? -純情淫魔さん奮戦記-

innocent Eye's

 「何だ、ココは?」
 気が付いたら俺は、見覚えのない……というか、あるはずのない場所に寝転がっていた。
 「天蓋付きのキングサイズベッドとは、また面妖な」
 20代男性の平均ないしそれをやや下回る程度の年収しか持たない、俺みたいな庶民とは、おそらく生涯無縁の代物だ。
 服装は、普段部屋着にしているスウェットの上下だったが、念のため身体をパタパタと触ってみたところ、薄皮一枚隔てたような微妙な違和感がある。
 試しに、思い切りギュッと頬をつねってみたが、触られているいるという「触感」はあっても、「痛み」は感じなかった。
 「ふむ……明晰夢、というヤツかな」
 一応、物書き──といっても「あまり売れてないラノベ作家」というヤツだが──のハシクレとして、その程度のムダ知識はある。

 「まぁ、夢なら仕方ないが……アラサー独身男とロココ調の家具の取り合わせって誰得?」
 ベッドにせよ、タンスにせよ、サイドテーブルにせよ……偏見かもしれんが、こういう姫様ちっくな雰囲気の調度が許されるのは、日本じゃローティーンからせいぜい20代半ばまでの女性限定だぞ?
 加えて、ベッドカバーやクッションその他の色が、真っピンク! 今時、ラブホでも、こんなベタ色使いをしているトコは稀だろう。そのクセ、レースのヒラヒラがたっぷりとあっては、一体全体どういうコンセプトなのか疑いたくなる。
 断言しよう。断じて俺のシュミじゃない!

 「あ、あのぉ~、お気に召しませんでしたか?」
 だからその時、背後から心底申し訳なさそうな女性の声がかけられても、俺はさほど驚かなかった。

 振り返るとソコには……女神がいた!

 面と向かって最初に目を引くのは、陽の光を蜂蜜に溶かし込んだような、見事な黄金色の髪だろう。
 腰どころか太腿のあたりまでありそうな長さの艶やかなその金髪を束ねもくくりもせずに、無造作に流しているので、パッと見には後光が差しているようにさえ思える。
 そして、その金色と見事なコントラストを為している、ミルク色の柔らかそうな肌と、深海を思わせる深い紺碧色の瞳。
 それらみっつの色彩を持つにふさわしい、繊細で整った美貌の持ち主でもあるのだが、ほんの少しだけ垂れ気味な大きな瞳が、美人にありがちな近寄り難さを緩和している。
 背は高からず低からず……いや、今時の日本人女性の平均と比べると、ちと低めかな? 150センチちょっと言ったところか。年齢は推定18~20歳くらい。
 ただし、プロポーションはグンバツ(死語)。特に、白いゆったりした夜着(ネグリジェ)を着てる今の状態でも、推定EからFカップのその見事な胸はハッキリ視認できる。
 ちょっと困ったような表情でもぢもぢしながら、手にしたアンチョコらしきものを確認している様子も、すンごく萌えるし。

 ──率直に言おう。すごく好みだ! それも未だかつて見た事のある女性の中でもダントツに!!

 「結婚しよう。ふたりで幸せな家庭を築くんだ!」
 ……だから、思わず目の前のその女性の両手を握りしめ、そんな戯言を口走った俺を、男(とくに25歳超えてシングルな輩)なら、誰も責められないと思うんだ、うん。

 「えっと…はい♪ ……じゃなくて! い、いえ、嫌というワケではないのですけど、あのですね」
 いくら夢の中とは言え(いや、欲望が素直に出る夢だからか?)、直球というよりむしろビーンボールに近い発言をカマしてしまった俺に対して、けれど彼女も慌てつつ、満更でもなさそうな反応を返してくれた。
 おかげで、「いきなりプロポーズ」というどこぞの万年煩悩少年みたいな真似をやらかしてしまった俺の方が、逆に落ち着くことができた。

 「オーケー、お嬢さん、お互い、ちょーっとクールになろう。ホラ、深呼吸して」
 「は、はい……」

 ──スーーーーーッ…………ハーーーーーーッ

 いい歳した男女が、向かい合って真面目な顔で深呼吸している様子は、傍から見たら笑い事以外の何ものでもないだろうが、当事者同士は結構真剣なのだ。

 「ふぅ。さて、落ち着いたところで、この状況を説明してもらえるか?」
 「はい、わかりました。実は……」
 「あ、ごめん、その前に自己紹介くらいは済ませておこう。俺は、神無月優伍(かんなづき・ゆうご)。「十月勇(とつきゆう)」のペンネームで物書きもやってる」
 「あ、はい、存じております。わたしは、ユリーシア。ユリーシア・イナンナ・フェレースと申します。一応、フェレース一族の末席に身を連ねているハイ=サッキュバスです」
 そう名乗りながら、彼女は背中というか肩口からコウモリのような黒っぽい翼を出す。
 ふむ。サッキュバス……いわゆる女淫魔、か。頭にハイの字がついてるってことは、それなりに高等ってことかな?

 「あのぅ、お疑いにならないのですか?」
 「? ユリーシアさん、俺を騙したの?」
 「い、いえ、そんなことはありません。ただ、その……現代日本の、社会人の方が、こんなに簡単に信じてくださるとは思わなかったものですから」

 ──それは暗に、「いい歳して夢見がち青年乙w」と言う意味だろうか?
 「ち、違います、ちがいます!」
 はは……冗談だって。
 「うーん、敢えて言うと、学生時代の知人に、普通でないヒトが結構いたから、かなぁ」
 人狼な先輩とか、蜘蛛女な先輩とか、龍神の生まれ変わりの後輩とか、魔法少女やってる後輩とか、絵に描いたようなマッドドクターな恩師とか……。

 だから、今更「サッキュバス」って言われても、「あ、やっぱり、いるんだ」くらいの感慨しか持たないのも、無理はないと思う。
 「そ、そうですか……(そう言えば、この方、姫様と同じ学園の出身でしたっけ)」
 面食らったような、納得したような、微妙な顔つきになるユリーシアさん。

 「で、そのサッキュバスが、わざわざ男の夢の中のまで出張って来たってことは、ナニをしよう、ってことかな?」
 「はぅ!? そのぅ……えーっと…………はい」
 「淫魔」と言うからには、ソチラに関しては百戦錬磨だろうに、どうにも反応が初々しいな。
 まさか、と思いつつも、一応、念のために聞いてみる。
 「もしかして……こういうこと、初めて?」
 ボボッ、と真っ赤になった彼女の顔が、何よりも雄弁にその答えを物語っていた。


コンプレックス・イマージュ

 「わたくし、一族の落ちこぼれなんです」
 ベッドに並んで(ただし、人ひとりぶんくらいの間隔をあけて)腰を下ろしたところで、彼女がポツポツと自らの事情を話し始める。

 フェレース家と言えば、魔界でサッキュバスを束ねる名門──伯爵家の家柄であること。
 ユリーシアさん自身は分家の出ではあるが、現在の本家の当主とは「はとこ」にあたり、比較的血筋はよいこと。
 にも関わらず、魔法も体術もてんでだめ、サッキュバスの本領とも言える魅了関係も、内気な性格が災いしてかイマイチ……いや、イマサンであること。

 「普通のサッキュバスと違って、わたくしたちハイ=サッキュバスにとっては、殿方の、その…「精」は、生きていくうえで必須というワケではありません。
 そもそも「精」──生命力にしても、別段、え…えっちなことをしないと吸い取れないワケでもありませんし。
 けれど、一人前の成人と認められるためには、殿方の精を「女」として胎内に摂取することが条件となっているんです」
 成程ある意味、淫魔の通過儀礼ってことか。

 「ふむ。一応聞いておきたいんだが、君とその……コトに及んで、精を吸い取られたとして、俺の側には、どんなデメリットがあるのかな?」
 穏やかに俺がそう尋ねると、俯いていたユリーシアさんが、ハッと顔を上げた。
 「え!? も、もしかして……協力していただけるんですか??」
 「まぁ、よほどのデメリット──たとえば生死にかかわるとか、寿命が縮まるとかがない限り、そのつもりだけど、どう?」
 「それは、大丈夫です! 確かに、生命力を失ったことで、一時的に身体が極度に疲労したような状態にはなると思いまけど、もし神無月さんが体調を崩されても、わたくしがお世話させていただきますから!!」
 って言われてもなぁ。どうやらこのお嬢さん、かなりいいトコの箱入り娘っぽいし(しかも、魔界出身!)、家事はおろか雑用すら満足にできるかアヤしいトコロだが……。

 だが、これだけ御膳(じょうきょう)が整ってるのに、据え膳食わないのは男がすたる!
 しかも、ルックスと言い、雰囲気と言い、この娘は俺の好みにド真ん中ストライクコースなのだ。
 幸い、締め切りは一昨日終わったばかりで、次の仕事までは多少余裕がある。最悪、一週間くらい寝込むことになっても、問題はないだろう……たぶん。
 何より、飼い主が遊んでくれるのを待つ仔犬みたいな目付きをしたこのお嬢さんに「NO!」と言うのは、限りなく難しい。て言うか、俺には無理だ。

 「そ、それじゃあ……」
 「うん。ふつつかものだけど、ドゾヨロシク」
 「に゛ゃっ!? 神無月さん、ソレ、わたくしの台詞ですよ~」
 などという軽いじゃれあいをして、緊張感をほぐす。

 「あ、そうだ。ところで、この部屋って、ユリーシアさんの趣味?」
 「いえ、そのぅ……ちょっと違います。あのぅ……コレを参考にしました」
 「?」
 彼女が手にもっていたアンチョコらしきものの正体は、薄い文庫本だった……て言うか、コレ、俺が書いた『黒百合のストレンジャー』じゃねーか!?
 真っ当なラノベ一本で食っていくのは、俺のレベルでは難しい。で、ときどきジュヴナイルポルノの雑誌の仕事とかも別名義で請け負うんだが、その連作短編が6本溜まったんで、こないだ単行本化されたのだ。
 「え、えっと、神無月さんのご趣味は、こういうのではないか、と思いまして」
 「う、う゛ーーむ゛」
 いや、こりゃあくまでフィクションだから。
 確かに、毎回エロいメに遭いつつバージンだけは守り通すヒロインの怪盗が、最終回で、ライバルにして密かに想いを通じあっていた若き警部に抱かれるシーンは、こういう感じの部屋の描写を入れたけどさぁ。

 「その、お気に召さないようでしたら、変えましょうか? それくらいなら、わたくしの魔力でも十分可能ですし……」
 「むぅ……手間かけて申し訳ないけど、そうしてもらえると助かる」
 「は、はい。では……」
 一瞬、目の前が真っ暗になったかと思うと、次の瞬間、俺はどこか懐かしい雰囲気のする和室の畳に座っていた。

 「いかがでしょうか? 神無月さんが抱いておられる「一番落ち着く場所」のイメージをお借りしたのですけど」
 目の前の座卓の向かいにいるユリーシアさんは、いつの間にか藍色の浴衣に着替えていた。
 金髪碧眼のいかにも外人(むしろ人外?)な彼女だけど、意外にもその格好は似合っていた。
 慣れた手つきで急須からお茶を入れ、コトンと俺の目の前に置いてくれる。

 「うん、コッチの方が十倍いいな」
 予想以上に美味いお茶をすすりながら、ココが夢の中であることも忘れて、リラックスする俺。
 「聞いてもよろしいですか? 此処は……」
 「ああ、俺の母方の祖父母の家のイメージだな。もっとも、高校の頃にふたりとも亡くなって、家も売りに出されたから、正確とは言えないかもしれないけど」
 でも、ここが俺にとって一番落ち着く場所だというのに異論はない。
 じぃちゃんもばぁちゃんも凄くいい人で、俺の「作家になりたい」という夢を応援してくれていた。もし、ふたりの励ましがなければ、今みたく物書きのハシクレになってなかったかもしれない。
 それだけに、夏休みとか長期休暇の度に遊びに行ってた「この家」が売り払われた時はショックだったしなぁ。

 「とても、大切な場所なんですね。あの……そんな場所で、わたくしなんかと、その……イタすことになってもよろしいのまでしょうか?」
 「ああ。て言うか、むしろだからこそ、ココがいい」
 俺は、湯呑を座卓に置くと、まっすぐに彼女の目を見た。

 「あらかじめ言っておくと、俺は一応初めてじゃない……と言っても、まぁ、いわゆる風俗に行ったことがあるだけで、残念ながら恋人の類いとシたことはないんだけどな」
 高校時代に恋人らしき女の子はいたけどキス止まりで、卒業したら自然消滅しちまったからなぁ。
 「は、はい」
 「で、だ。さっきも言った通り、俺にとってキミはすごく好ましいタイプなんだよ。だから、今晩ひと晩だけでもいい。どうせなら、俺と──そのぅ恋人同士になったつもりで、エッチしてもらえないかな?」
 言いながら、どんどん顔が熱く赤くなってくるのがわかる。くそぅ、これこそ、普通女の子側が言うべき台詞だろーが。これだから素人童貞は……。

 けれど、ユリーシアさんは、「キモ~い」とかそういう軽蔑した目ではなく、むしろ感動したような面持ちで俺を見つめている。
 「い、いいんですか、わたくしなんかで……」
 「あぁ、キミがいい。恋人をこの家に連れて来て、じいちゃん達に紹介するのが、俺の密かな夢だったから」
 間髪を入れずにそう答えると、彼女はいっそう瞳を潤ませ、正座のまま見事な挙措でススッと下がり、そのまま三つ指ついて深々と頭を下げる。
 「それでは、不束者ではありますが、宜しくお願い致します」
 うん、やっぱり女の子が言うと映えるよな。
 「ああ、こちらこそ、よろしく、ね」

 かくして、一夜限りの恋人──その長い夜が始まったのだった。


Dreamin'

 座敷の隣りには、用意周到(?)に枕ふたつ並べた布団が用意されていた。
 もじもじする彼女の手を引いて、隣室に移動する。
 「やっぱり、恥ずかしい?」
 「うぅっ………実は、その……はい」
 布団に横たわったユリーシアは、顔を真っ赤にして泣きそうな目で俺を見ている。
 この、今時珍しい程の純情ガールが名門サッキュバスの血縁だと言うのだから、世の中はわからんもんだ。

 「あっ!」
 浴衣の胸元に手を伸ばしたところで、一瞬それを押し止めようとする素振りを見せるユリーシア。
 「いや、少しずつでも馴らさないと」
 「あ、す、すみません。そう、ですよね」

 懸命に恥ずかしさを堪えながら、生まれたての仔馬みたくプルプル震えているけなげな彼女に様子が愛しくて、俺は精一杯優しい声音で語りかけながら、彼女の蜂蜜色の髪をゆっくり撫でる。
 「大丈夫。乱暴にはしないって約束するから。俺を信じて」
 「! はいっ……」
 なぜかトロンとした顔つきになって、俺の手に身を委ねるユリーシア。

 そんな彼女のいぢらしさに、俺の中の興奮と愛しさがどんどんかきたてられていく。
 はだけた着物の胸元からこぼれるふたつの膨らみに、ソッと手を伸ばす。
 「んくっ……!」
 指先がその柔らかな弾力を確かめるのとほぼ同時に、ユリーシアが呻きを漏らす。
 「ごめん、もしかして強過ぎたか?」
 「いえ、そうじゃなくて……」
 言葉を濁されたが、おおよその意図はわかった。どうやら、感じてくれてるらしい。
 「えと……神無月さんのお好きなようになさってください」
 て言われてもなぁ。いくら淫魔だからって、さすがに初めての子に手荒な真似をするのは気が引けるし。
 「それに……神無月さんになら、わたくし、何をされても……」 

 !!
 いや、だから、君みたいな可愛い娘がソレを言うのは反則だって!
 そんなことを、つい先刻会ったばかりとは言え、一目惚れした女性に言われて、奮い立たない男がいるだろうか? いや、いまい(反語)。
 「ユリーシアっ!」
 だから、堪え切れずにガバチョと抱きしめてしまった俺を責められる筋合いはないはずだ、たぶん。
 「あっ!?」
 俺の激しさに一瞬怯えたような声を漏らしたユリーシアだが、抱きしめる腕に込めた俺の想いに気づいたのか、すぐにリラックスした表情を取り戻してくれる。

 彼女が落ち着いた頃合いを見計らって、俺は再度胸元の攻略に着手した。
 掌の触感に続けて、彼女の豊満なその乳房を、じっくりねぶるようなに観賞する。
 「あ、あの……あまり見ないで、くださいぃ」
 「いや、そんなこと言われても、思わず目を奪われちゃうって、こんだけ綺麗なんだから」
 「ふぇっ!?」
 固まるユリーシアを尻目に、触覚・視覚に続いて、味覚でもその素晴らしさを堪能しようと、俺は彼女の胸元に口づけた。

 「ひぁンっ! ほ、褒めていただけるのは嬉しい、ですけど……ああン」
 困惑しつつも、その喘ぎに満更でもないという悦びの色を聞きつけた俺は、本格的に畳みかけることにした。
 舌先で彼女の先端の突起に触れる。
 「ぁ……」
 唇で挟みこんだ乳首を転がし、その適度な堅さを確かめる。
 「はぅんッ!」
 感じてくれるだろうと予想はしていたが、そこまで激しい反応は意外だった。
 次はいくぶんやんわりと舌で舐め……軽く、本当に僅かにだけ力を入れて歯で甘噛みする。
 「ちょ……あぁぁん……!」
 どうやら、ユリーシアは胸が弱いらしい。
 そんなマル秘情報をゲットしてしまっては、俺としても悪用せずにはいられない。

 俺は、右掌をユリーシアの左の乳房に覆いかぶせて、その瑞々しい張りと弾力を確かめつつ、舌と唇を駆使して反対側の乳首を攻めることに全力を尽くした。
 「ん……は、ぁ……胸が…胸の奥が……疼いてきます……」
 ユリーシアもフッきれたのか、あるいは本格的に身体に火がついたのか、俺の頭を胸に押し付けるような体勢で抱きしめる。
 「あっ、あっ、あっ……ひぁンッ!」

 やがて、薄桃色の小さな果実を俺が堪能し尽くす頃には、ユリーシアは軽く達してしまったようで、トロンとした目に幸福そうな光を湛えて甘い溜め息を漏らしていた。
 「大丈夫か?」
 「──え? あ!? は、はい!」
 どうやらしばし忘我の状態にいたらしい。未熟な俺の愛撫で、そこまで感じてもらえたなら光栄の極みだな。
 「大丈夫なら、続けようと思うけど……」
 どうする? 視線で問いかけると、彼女はコクンと恥ずかしそうに頷いた。

 浴衣の帯を解いて、ソコを目の当たりにした時、思わず俺は「うわぁ」と感嘆の声を漏らすところだったが、何とか喉の奥でそれを阻止する。
 浴衣の下に下着を着けていないために、そこには、まばゆい程に白く神々しいユリーシアの裸身があった。
 まがりなりにも淫「魔」であるはずの女性にその形容はどうかとも思うけど、藍色の浴衣の地とのコントラストで、その白さがいっそう引き立っており、思わず目を奪われる。

 「そ、そんなじっと見つめないでくださぁい」
 「す、すまん」
 ちょっと泣きべそ気味な彼女の言葉に、反射的に謝りながらも、視線をソコ──彼女の女性器から外せない。
 朱鷺色──ベイビーピンクってのは、こういう色のことを言うんだろうなぁ。
 あまりに初々しく、無垢な色をしたソコに、俺なんかが触れていいのか躊躇われるが、それでも「ままよ」と決意を固めて、俺はソコに手を伸ばした。

 ……
 …………
 ………………

 不器用なりに、真情の籠った俺の行為で、ユリーシアはのぼりつめたていく。
 「……っ、あ……!! あぁ……また……イク……イッちゃいますぅぅぅーーーッ!」
 そして、程なくユリーシアは、俺の下で心底幸せそうな表情を浮かべながら…未踏の高みへ上り──そのまま意識を喪ったのだった。


君の知らない物語

 人間はもとより、天界の住人でさえ誤解されている方が多いのですけれど、わたくしたちサッキュバスは(ハイ種だけでなくレッサーも含めて)、決して「殿方の精を四六時中求めるだけの痴女」ではありません。
 いえ、確かに満月の夜などは、レッサー種の方は繁殖期の動物にも似た疼きをその身に抱えられるとは聞いていますけど、それ以外はごく普通に生活──会話や文化活動、あるいは戦闘行動なども可能なのです。
 こう言ってはなんですが、一部の血の気の多い獣人族や鬼魔族の方々に比べれば、魔族の中でも比較的理性的で、温和な種族と言えるかもしれません。
 喜怒哀楽は元より、親子や友人間の情愛だってあります──無論、それが人間や神族のそれとまったく同じものかと問われれば、無条件に肯定はできませんが。

 神無月さんにも説明したとおり、わたくしたちハイ=サッキュバスに至っては、吸精行為すら生きていくうえで必須ではありません。
 とは言え、吸収した精気をダイレクトに魔力に変換できるのがサッキュバス族の特性ですから、そうした方が強くなれるのも確かですが。
 それなのに、サッキュバスの成人儀礼として「人間の男性との性行為を通じての吸精」があるのは……「それが伝統だから」と言うのが、一番わかりやすい理由でしょうか。
 日本人の方にわかりやすく言うなら、そうですね……成人式、と言うよりはむしろ高校の卒業式あるいは卒業試験って感じですね。

 その例えで言うなら、この歳になっても男性から吸精行為をした経験のないわたくしなどは、20歳過ぎても留年して高校に居座っているようなものでしょうか。
 無論、分家とは言え名門の端に連なる者としては大変な不名誉です。
 故に、ごく一部の理解ある縁者を除いてわたくしに対する風当たりは強く、まさに針のむしろとも言うべき状態でした。

 幸い、人間界への留学経験がある本家のメルヴィナ様とリアリィ様、そしてお二方の御母堂である伯爵様は、わたくしの小娘じみた感傷にも理解を示してくださいました。
 とはいえ、わたくしがこのような心境に至ったのは、かの御方達からいただいた書物が元凶なのですから、ある意味、卵と鶏の論議のような気がしないでもありませんが……。

 ええ、そうなのです。
 本、とくに読み物好きなわたくしは、現在も頻繁に人間界に出かけられることの多いお二方から、現在アチラで流行っている小説や「漫画」と称する絵物語の類いを貸していただく機会が多々ありました。
 魔界(コチラ)にはない文化の数々、とくに少女向けのそれらにすっかり魅せられたわたくしは、いつしか「初めては好きな殿方と結ばれたい」と言う、サッキュバスとしてはかなり異端な感情を抱くようになっていたのです。
 もっとも、わたくしがいくら夢想家だとは言え、普段は魔界に住む身で人間の殿方と情熱的な恋に落ちるだなんて、都合のよいハプニングがありうると思うほど、浮世離れはしておりません。

 けれど──ある時、リアリィ様から戴いたとある本、お二方の人間界での学友であられた方が書かれた一連の小説に、わたくしはすっかり入れ込んでしまいました。
 そしてその熱は、いつしか物語自体だけでなく、それを書く方への興味にまで拡大してしまっていたのです。

 この素敵なお話を書いているのは、どんな方なのだろう?
 どういう暮らし、どういう人生を歩んできて、このような優しい物語を書くようになられたのだろう?

 著者の方と比較的親しかったというリアリィ様から、その方──神無月優伍様のお話を聞く機会もあって、わたくしの頭の中で、神無月様の存在が、少しずつ大きくなっていきました。
 いい歳して小娘のような恋煩いに捕らわれたわたくしを案じた伯爵様は、魔王様とかけあって、人間界への短期滞在を許される「人材交流会」のメンバーに、わたくしをねじ込んでくださいました。

 「えぇか、ユリちゃん。好きな男が出来たら、その胸に思い切って飛び込んでみるのも、女の甲斐性ってヤツやで。ふぁぃとや!」
 そんな暖かい激励の言葉までくださいました(メルヴィナ様は、「ママはおもしろがってるだけよ」なんて呆れられていましたが)。

 100日近くにわたる講習(人間としての常識や基礎知識を身に着けるものです)の後、いよいよわたくしは他のメンバー共々人間界に降り立ち……。
 三日間ほど遠巻きに観察した後、神無月様が、予想していた通りのお優しい方であったことを確信したわたくしは、ついに今宵、意を決して、かの方の夢の中にお邪魔したのです……。


Dreaming Continue

 「あ~、つまり……ユリーシアはストーカーだった、と」

 結局、夢の中では抜かずの3連チャンでやりっぱなしで、さらに明け方目が覚めた時に、同じ布団の中に彼女の姿があると知った瞬間、自制しきれずに再び今度は現実で励んだ結果、当然俺の精力は見事にempty状態、そのままダウンとあいなった。
 ユリーシアによると、彼女も経験が浅い(て言うか初めてな)だけに、生身での吸精の加減が上手くいかず、思ったより大量に精気を吸い取ってしまったらしい。
 もっとも、昨夜の約束通りユリーシアが、布団から出るのも億劫な状態の俺を、甲斐甲斐しく世話してくれているため、別段後悔はしてないけどな!

 で、布団から半身を起して、彼女が作ってくれたおじや(予想に反して味は悪くない……てか美味い!)を「ふーふー&あ~ん」して食べさせてもらった後、彼女からの懺悔というか打ち明け話を聞かされた俺の第一声が上のものだったわけだ。

 「か、神無月さん、ヒドいです~」
 さすがに温厚なユリーシアも怒ったのか、拳でポカポカ叩かれた。
 「や、ごめんごめん。冗談だって。むしろ、単なる偶然じゃなく、俺を初体験の相手に選んでくれたことを光栄に思うよ」
 即座に謝罪したのでユリーシアの機嫌も直り、今は何となくイチャイチャと言うかまったりしてるんだけど……。
 「えーっと……」
 「あ、あの!」
 いかん、カチ合っちまったな。
 「じゃ、じゃあ、ユリーシアから」
 「い、いえ、神無月さんこそ」
 あー、やっぱしこうなったか。ま、それならお言葉に甘えて。
 「えっと、さ。さっき聞いた話だと、そのぅ「人材交流会」とやらで、しばらく人間界(こっち)にいるんだよね? 住む場所とかは、もう決まってるのかな?」

 無論、俺が言外ににじませた意味を、彼女はしっかり読みとってくれた。
 「えっ……その、まだです。これからステイ先を探すつもりでした」
 そう言いつつ、伏し目がちにした視線をチラチラとこちらに投げかけてくる。
 はは、飼い主に「撫でて撫でて」と期待する仔犬みたいで、わかりやすいなぁ。
 一瞬、トボけてみようかと言う悪戯心が頭をもたげたが、自粛しておく。そんなにコトしたら、彼女、マジ泣きしそうだし。

 「だったら、ユリーシアさえ良かったら、ここで俺と一緒に住まないか? 少々ボロいが、君の分の部屋くらいあるしな」
 俺は、木造築30年で猫の額ほどの広さとは言え、一応二階建ての一軒家を借りて住んでいる。もっとも、一階は居間と台所とトイレ、二階も部屋が和室と洋室がひとつずつあるだけの、下手なマンションより貧相な住まいだけどな。
 二階の部屋の和室を寝室、洋室の方を物置にしてるが、洋室は整理したら空けられるだろう。
 「はいっ、ぜひお願いします!」
 パァッと大輪の花がほころぶような笑顔を見せるユリーシア。

 ──うん、まぁ、思いがけない美女とのアバンチュール(?)に浮かれて、馬鹿な事をしてるという自覚は、俺にもある。

 彼女はどうやら俺のことを気に入ってくれたみたいだし、俺もその点は同様だが、ちゃんとした恋人同士になるには流石に障害が多すぎるだろう。
 仮に種族の差とやらを気合いで乗り越えたとしても、彼女いわく「人間界へは短期滞在」らしい。森鴎外の「舞姫」よろしく別れなければいけない事は今から明白なのだ。
 「ステイ先を探す」と言ってたくらいだから、滞在期間が1週間未満ってことはないだろうが、1ヵ月か、それとも1年か。あるいは、一般的な留学と同様3~4年か。
 いずれにしても、遠からず「別れ」が来ることは目に見えているのだ。

 「「それでも……たとえ一時でもいいから、君と共に歩みたい」……ですよね?」
 「うっ! 『七彩城物語』も読んでたのか」
 自分の著作から登場人物のクサい台詞を目の前で引用されると言うのは、たまらなくこっ恥ずかしい体験であるということを、俺はたったリアルで理解したよ!
 「読んだ時はいまひとつピンときませんでしたけど……今なら、あのアルバート少年の気持ちが理解できます」
 俺の身体に負担をかけないよう、膝まづいてそっと首に抱きついてくるユリーシア。
 しなやかで暖かな体の感触と、ほのかに鼻をくすぐる女らしい香りが、俺の中の頑迷な部分をたちまち壊してしまう。

 「──ああ、あんなことを書いた俺も、今初めて実感したよ」
 認めよう。そもそも俺は彼女にひと目で心を奪われたじゃないか。なのに、いまさら変な意地を張ってもしょうがないだろう。
 どちらからともなく唇を重ねる俺達。
 そして、このキスが、「美人で愛らしく淑やかな淫魔」という矛盾した魅力を兼ね備えた彼女との、同居……いや「同棲」契約締結の証となったのだった。

-ひとまずFin-



オマケ

 「ところで、短期滞在って具体的にどれくらいなんだ?」
 「そうですね、コチラの暦で言うところの……おおよそ30年くらい、でしょうか」
 「ぜ…ぜんっぜん、短期じゃねぇ!!」
 不覚。羽さえ出さなければ人間ソックリの外見に油断して、人間との寿命、ひいては時間感覚の違いに思い至らなかったぜ。
 「戸籍や住民票も登録しましたから、婚姻届もちゃんと受理してもらえますよ?」(ニッコリ)
 ……まぁ、30年あれば余裕で子育てもできるから、いいんだけど、な。

-----------------------------
この後、十月勇先生のとある小説がバカ売れして、アニメ化・ゲーム化・映画化。その印税で神無月夫妻は木造アパートを買って、人間と人外のカップル専用のアパートの大家さんになる予定。作家業に勤しむ夫の世話をしつつ、「PIYOPIYO」と書かれたエプロンをしたユリーシアさんがアパートの管理人さんになるワケです。
ちなみに、章タイトルはすべてゲームやアニメの主題歌より。全部わかった人がいたらマニアです(笑)。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

人間と人外のカップルアパート!?

 それはまた楽しそうですね。そしてその子供同士で結婚したりして、血統がスゴイコトに・・・・

 そう言えば、今度狼人間と人間の間に生まれた子供と家族のアニメがやるようですね。

No title

>山口さん

コメントどうもです。
実は本作は「人外娘とその伴侶たち」という連作短編化する予定が当時あったのですが、色々あってポシャりました(笑)。
その一部は、「泳げチハヤちゃん」のサブキャラ、田川ククルの両親の設定として活きてたりしますが。
プロフィール

KCA(嵐山之鬼子)

Author:KCA(嵐山之鬼子)
Pixiv、なろう、カクヨムなど色々書いてます。感想などもらえると大変うれしいです。
mail:kcrcm@tkm.att.ne.jp

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード