『ランゴスタ奥様劇場』

さらにモンハンSS。ここからは、番外の番外的な話が続きます。

『ランゴスタ奥様劇場』
その壱

 例の一件以来、ヒルデガルドはたびたびマック&ラン夫妻のところに遊びに来るようになっていた。
 「ところで……ひとつお聞きしたいのですけれど」
 ──モグモグモグ……
 「ん? 何だ、ヒルダ?」
 ──パクパクパク……
 「お兄様の通り名は、どうして"かたうでマック"なのですか?」
 ──モグモグモグ……
 「ふぅむ、それは妾も気になっておったところじゃな」
 ──ホジホジホジ……

 今日はこの村に泊まるとのことなので、マックの友人のカシム夫妻も呼んで、夕飯に5人で千年蟹の鍋を囲んでいるところだったりする。

 ──ガツガツガツ……
 「ああ、ほれふぁな……」
 「――カシム。ダメ」 ペシッ!!
 「イテッ!」
 情報屋ことカシムの頭をポコンと叩いたのは、彼の妻キダフ。彼女も元ハンターで優秀なヘビーボウガンの使い手だった。ただし、夫の引退に合せて自身も現在は主婦業に専念している。
 「口に物を入れたまましゃべるの、行儀悪い」めっ!
 「あーー、すまん、キダフ」
 痩せぎすとは言え2メートル近い長身の、いい歳した男が、パッと見、せいぜいヒルダと同年代にしか見えない幼妻(属性:小柄・貧乳・褐色肌)にたしなめられる様子と言うのは、ある意味情けないが、考えかたによっては微笑ましい光景かもしれない。

 ──ゴックン!
 「それで、マックの奴のあだ名についてだよナ」
 「うむ。別に我が君は、肉体的に片腕がないわけでも、片手が不自由なわけでもないしのぅ」
 「あ! もしかして、片手剣を愛用しているからですの?」
 「あぁ、まぁ……そんなところだ」
 バツが悪そうに口をモゴモゴさせているマックを尻目に、カシムはチッチッチと指を振って見せる。
 「たしかに、それも一因だがナ。ところで、おふたりは片手剣ならではの利点って何だと思う?」
 カシムに問われて、話題の人物の妻と妹は考え込む。
 「抜刀速度が速い。抜刀状態でも素早く動ける。取り回しが比較的容易。手数が多い。はじかれづらい……こんなところかのぅ」
 「それと、確か抜刀状態でも道具が使えるのではありませんでしたか?」
 「正解だ、妹さん。武器を構えたままでも大概のアイテムが使える。それが攻撃力の低い片手剣の最大の利点なんだが、こいつは昔からアイテムの扱いが下手でネ~」
 「ほっとけ」プイッ!
 もうすぐ24歳になろうとしている男がスネても、あまり可愛くはない。
 「片手剣ならではの利点、右手で道具を使える特長を使いこなせない。故に"かたうで"か。なかなか上手いこと言うのぅ」
 「ちょっと、お姉様! いくら事実でも、それではお兄様があんまりじゃ……」
 慌ててフォローしようとするヒルダだが、いまいまちフォローになっていない。
 「なぁに、我が君のアイテム扱いが多少まずかろうと、一向に構わぬよ」
 静かに箸と取り皿を卓袱台に置いて、マックを真っ直ぐに見つめるラン。
 「この妾が、我が君の背中を守っておるのじゃ。道具類が必要とあらば、妾がいくらでも使いこなしてみせるわ」
 「ラン……」 「我が君……」
 感動のあまり両手を握りしめんばかり……いや、本当にランの両手を取るマック。ほのかに照れながらも、視線を外さないラン。
 見つめ合うふたりの様子を尻目に、ほかの3人は再び蟹鍋あさりに取り掛かる。
 (((ハイハイ、バカップルパカップル……)))
 白けた気分がまさにシンクロした3人だったが、ふとキダフが箸を止めて首をヒネった。
 「――でも、回復薬とか、自分で使うしかない」
 ポツリと漏らすキダフの言葉に固まるバカップル夫妻。
 「……我が君、今度はヒーラーシリーズを作るぞえ」
 「お、落ち着け、ラン。あれは防御力が低過ぎる。いや、ナースルックのランと言うのは、俺もちょっと見てみたい気もするが……」
 「ええい、なれば、見かけは気に入らぬがこの際フルフルシリーズでも構わぬ!」
 「あ~、わかった。わかったから、とりあえず落ち着いて飯食おうな、な?」

-FIN-

以上。モンハンの世界では、一部の高価なアイテムを除き、回復系のアイテムは、持っている自分しか使うことができないのですが、効果を他人に及ぼすための「広域化」というスキルがあります。で、その広域化は、ヒーラー系やフルフル系などの防具によって発動させることが可能なワケです。

・カシム
元ハンターの情報屋。マックの悪友にして元狩り仲間の槍使い。ソロ以外ではたいていマックは彼と組んで狩りをしていた。実は元は軍人という過去があったりなかったり。外見イメージは「テイルズオブレジェンディア」のモーゼス。性格的にもそれに近い。

・キダフ
カシムの妻。同じく元ハンターで、ヘビーボウガンナーだが、実は双剣使いとしても優秀。小柄でスレンダーかつ童顔なので、下手するとミドルティーンに見えるが、これでも20歳。やや無口だがツッコミは適切。外見イメージは「デモンベイン」のエセルドーダを日焼けさせたような感じ。
スポンサーサイト

テーマ : 二次創作
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

KCA(嵐山之鬼子)

Author:KCA(嵐山之鬼子)
Pixiv、なろう、カクヨムなど色々書いてます。感想などもらえると大変うれしいです。
mail:kcrcm@tkm.att.ne.jp

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード