久々に新作に着手

2ちゃん某所で、久方ぶりに新作SSの1話を投下しました。
割合キチンした設定や背景を考えたので、結構長くなりそうな予感。
タイトルは、『太政浪漫綺譚・良男女学校』。いわゆる大正浪漫的日本で、女学校に通うことになった男の娘のお話です。
年末年始の合い間を縫って、連載……できたらいいなぁ。
ココの桜小娘とか二次創作とか、2ちゃんの「悪の女幹部」とか「つくしんぼ」とか、理想郷の「よわよわルイズ」とかも何とかしないとアカンし。

以下、主要人物設定。


沢村いずみ <ヒロイン? 主人公?>
 15歳(♂)。本名は「和泉」だが、特別な場合を除いて作中ではひらがなで表記する。一人称は「私」(モノローグなどで稀に「僕」)。
 名門士族の流れをくむ旧家の末っ子。複雑な家庭の事情により、女の子として涼南女学校に通うことになる。
 性格は、真面目で優しい反面、自己主張が弱く、流されやすい。ただし、時折天然で毒ツッコミをすることも。読書家で古文漢文はもとより西洋文学にも詳しい。また、雑学にも通じているため、女学校では「尚侍(ないしのかみ)」や「いずみ式部」とあだ名される。
 外見イメージは「アイマスDS」の水谷絵理(ただし胸はない)。身長152センチ、体重38キロと体格も小柄で、同年代の女の子と比べてもまったく違和感がない(無論、本人はそれがコンプレックス)。
 服装は、臙脂色の絣の着物に紫色の袴、編み上げショートブーツ(通学時)。自宅ではワンピースなどの洋装が多いが、振袖などの着物を着ることも。

松原ゆかり
 13歳(♂)。本名は「縁」と書いて「えにし」と読むのだが、主に合わせてこの読みに。一人称は「ゆかり」(稀に「ボク」)。
 沢村家で働く小間使い。父は沢村家当主の従僕のひとり(執事補佐的立場)。
 和泉にとっては幼馴染かつ弟分的立場の少年。尋常小学校卒業後、父と同じく沢村家で働くことが決まった矢先、いずみの女学校進学が決まり、「彼女」付きの「侍女(メイド)」として働くことになった。
 明るく無邪気かつ好奇心旺盛な性格で、メイドとして働くことになったこともあまり気にしてない様子。いずみのことは、主としてと言うより兄(姉?)として慕っている感が強い。
 ざっくばらんな性格のわりに、裁縫以外の家事は意外と得意。とくに、食いしん坊なせいか料理に関しては、「彼女」に家事を仕込んだ侍女長も認める程の腕前。
 外見イメージは、「アイマスDS」の日高愛。身長149センチ、40キロ。背は低いがバネのあるしなやかな体つき。
 服装は基本的には黒いエプロンドレス(いわゆるメイド服)。私服はいずみのお下がりをもらっているので、意外に立派。

坂本つばめ
 15歳(♂)。本名は「飛燕」と書いて「ひえん」だが、外では「つばめ」で通している。一人称は「あたし」。
 涼南女学校の近くの繁華街のミルクホールで女給として働く少年。ただし、「彼女」の本当の性別はほとんど誰も知らないため、店の看板娘的存在。店主とは親戚。
 性格は、接客時以外はややキツめのツンデレ風味。ただし、姐御肌で、親しい相手には文句言いつつ親身になるタイプ。4人の「男の娘」たちの中で、唯一自発的に女でありたいと願い、女として生きている。
 外見イメージは、「アイマス」の如月千早をポニーテールにした感じ。身長162センチ、52キロで、実は意外に骨太なので体型維持に苦労している。
 服装は、仕事中は萌黄色の着物にエプロン。私服は藤色のツーピースを愛用。

狩野美琴(みこと)
 18歳(♂)。本名は「命」と書く(読みは同じ)。一人称は「わたし」。
 沢村邸の地元の狩野神社で働く巫女さんで、年の離れた兄が同社の神主。
 幼少時は男児として育てられたが、七歳の誕生日の前日、当時存命中であった祖母の元に神託が下り、以後、女児として育てられた(そして、思春期を迎えると体型も女性的に変化した)。
 女性(女装?)歴が長いため、現在はメンタリティも半ば女性になりつつあり、おおらかで寛容かつ母性的な性格。諸々の面で、いずみやつばめにとってのよき姉的存在。
 外見イメージは、「シャイニングウィンド」のヒルダレイア(三つ編み&眼鏡も完備)。身長165センチ、体重45キロと比較的大柄だが、巫女装束の上からでもわかるほど豊満な体つき(とくに胸)で、下半身の一点を除けば妙齢の美女そのもの。といってフタナリという訳ではなく、(標準より小さめだが)陰茎と睾丸があり、女陰はない。神主によると、女神(磐長姫)の血を引く狩野家には、みことのような子が稀に生まれるらしい。
 服装は、白の浄衣と緋袴の巫女装束。稀に、普通の着物を着ていることも。

*不二悠馬
 沢村家の親戚筋の青年。一高に入学したばかりのエリートであり、名目上、いずみの「許婚」ということになっている。無論頭は良いが、それ以上に悪知恵の回るタイプ。ただし、悪戯好きの愉快犯ではあっても悪人ではない。
 現在の沢村家の事情もおおよそ理解しており、いずみの境遇に同情している……が、それはそれとして、表向き友人などには「可愛い彼女」として紹介したり、デートに連れ出したりと、許婚としての立場を楽しんでいる様子。
 特にモデルはないが、強いて挙げると「D.C.」シリーズの杉並か。

*詠美、蘭、杏里
 女学校でいずみと比較的仲が良い級友たち。詠美は情報通でお祭り気質な成金の娘で、蘭は士族出身の凛とした大和撫子、杏里は華族の出の生粋のお嬢様だが、今で言う腐女子的な趣味もある。
 モデルはKCA作のSSのヒロイン達。名前でお察しください。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: No title

ご期待に添えるようがむばります。
確かに、一部を除いてあまりエロくならなさそうなので、コッチでもリライト掲載するかもです。

> おお、面白そうな予感

プロフィール

KCA(嵐山之鬼子)

Author:KCA(嵐山之鬼子)
Pixiv、なろう、カクヨムなど色々書いてます。感想などもらえると大変うれしいです。
mail:kcrcm@tkm.att.ne.jp

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード