『クロスティーニ学園青春日記』 4.5+5話

ちとスランプ気味なので、当面旧作を校正リライトしてみようと思います。
本日は怒涛の2連続更新。
まずは、「学園日記」の5話+αです。

クロスティーニ学園青春日記
番外編3Now I say "love you, I miss you close to me"

 展望台での初キスの後、ヒューイさんはわたしを部屋まで送ってくださいました。
 「えっ、と……そ、それじゃあ、明日も早いから、おやすみ」
 そう言って踵を返そうとされているヒューイさんの服の裾を、わたしはとっさに掴んでしまいます。
 「ぐぁ……ディ、ディアナ?」
 あ、いけない! 後ろから引き止めたせいか、ヒューイのの襟首が絞まってしまったようです。
 「す、すみません! あ、あのぅ……折角ですから、お茶でも飲んでいかれませんか?」
 そう言葉を続けたのですが、ヒューイさんはうって変わって真面目な顔で、わたしに語りかけられました。
 「──ディアナちゃん、それがどういう意味か、分かって言ってる?」
 「え……」
 「今日は確かグノーさんはいないんだよな? つまりこんな夜中に俺と部屋で二人きりになるってことだぞ。お茶だけで済むと思うか?」
 「あ……」
 いくらわたしが奥手な方だからって、さすがにそこまで言われれば理解できます。
 つまり、いま部屋にヒューイさんを入れるってことは、わたしとヒューイさんがオトナなカンケーになること受け入れるって意味で……。
 えーと、部屋は出がけに掃除したから綺麗なはずです。
 下着はおニューの縞々のを履いてますから、ヒューイさんに見られても子供っぽいとは言われないはず。でも、どうせならこの前グノーにもらった、紫のアダルトちっくな"あぶない下着"の方がよかったかも。
 お酒を飲んだからちょっと汗かいてますけど、これは仕方ありません。
 晩ご飯も、匂いのキツいモノは食べてませんし、そもそもさっきキスしたんですから……って、わたし、随分とテンパってますね。
 でも……うん、嫌じゃないです。ヒューイさんとそういうコトをするのは──ちょっと恐いという気持ちはありますけど、少なくとも相手がヒューイさんなら、わたし、嫌じゃない。
 そうですよね。わたしたち、正式に恋人になったんですもの。遠からずそういうコトをしてもおかしくはないワケですし。
 「……迷ってるんなら、また今度にしようか?」
 優しく問いかける"彼氏"の言葉に、わたしは首を横に振りました。
 「いいえ、今晩がいいです。ヒューイさん、わたしを……抱いてください」

 * * * 

 ディアナに招かれて彼女たちの部屋に入った俺は、まずは彼女を抱き締めて、その柔らかな唇に自分のそれを重ね、口をふさぐ。
 「んぅ……!」
 舌を入れて、絡め合う。チュプチュプッと、官能的な音が室内に響いた。
 彼女とキスを交わすのは、まだ3回目だけど、どうやら彼女は俺を完全に受け入れてくれているみたいだ。
 唇を離す頃には、唇も頬も綺麗な桜色に火照って、深紅の目はとろんと蕩けていた。
 俺はディアナの肩の後ろに右手をかける。さらに、もう片方の腕を彼女の両膝の下にまわして、グッと一気に抱えあげた。
 「きゃッ」
 「ああ、ゴメン、いきなり過ぎたか? でも、彼女が出来たら、一度はやってみたかったんだよ、この"お姫様抱っこ"ってヤツ。女の子としては、どうかな?」
 「え、あ……嬉しいです、ヒューイさん♪」 
 俺の腕の中で、ディアナはポポッと頬を染めながら恥ずかしそうに微笑んだ。
 ああ、もぅ、どうしてこんなに可愛いかなぁ、この娘は!」
 「それはですね、ヒューイさんに美味しく食べてもらうためです♪」
 え?
 「もしかして、また、俺、声に出してた?」
 「ハイ、しっかりと」
 うーむ、いい加減ひとり言漏らすクセは改めんとなぁ。
 そんな事を考えながら、ディアナを抱いたまま部屋の奥のベッドまで歩み寄る。
 「向かって右が、わたしのベッドです……」
 耳元で囁くディアナに、軽く頷きながら指示された方のベッドに彼女を横たえる。
 一瞬、あえてグノーの寝台のほうを使ってやろうか、なんて天の邪鬼な考えも浮かんだけど、あの人の場合、俺達の情事の痕跡があっても、平気な顔して逆にクンクン匂いとか嗅いで悶えそうなので止めておく。
 (──私は別に構いませんのに……)
 ……何でだろう、普段無表情なグノーが心なしか残念そうな顔してる絵が脳裏に浮かんだぞ?
 軽く頭を振って雑念を振り払うと、俺はディアナの横に寝転がり、そのまま彼女の上に覆い被さるようにして、ゆっくりと服を脱がせていく。
 部屋に来る前サマーセーターはすでに脱いで手にもっていたので、いまのディアナは薄手のワンピース一枚だ。
 前止めの胸元をはだけると、そこには服の上から見えていた以上のふたつの巨大な丘が、清楚な白のブラジャーに包まれて姿を現した。
 「お~! これが、夢にまで見た、ディアナちゃんの胸か……」  
 魅入られたように、俺の両掌が下着越しにディアナの乳房に触れる。
 うわっ、柔らかくて、ほんのりあったかい……。
 「あ……ヒュー、イ…さん……」
 甘い吐息を漏らしながら、ディアナの瞳が次第にうつろになっていく。
 「ひぁん……!」
 胸の頂きに咲く赤い蕾を俺が交互に口に含むと、さすがに彼女も上ずった声をあげた。

 ──チュパ、チュパッ……

 そ知らぬ顔で、俺は夢中になって、ディアナの"蕾"を吸い続けた。
 もちろん、口で攻めてるのと逆の方の"蕾"も指で刺激する。弄り回し、ぎゅっとつまみ、周囲をなぞって、爪を立てて、また弄る。
 ディアナの吐息はすでにだいぶ荒くなってる。時折ぎゅっと口をつぐむのは、喘ぎ声が漏れるのを堪えているのだろう。
 (夢の時も思ったけど、この寮の防音対策ってどーなってるんだろーな?)
 そんな事がチラリと頭をかすめたものの、すぐに気にもならなくなる。
 ……と言うより、正直そんな余裕は俺にもない。
 ここまで多少は手慣れた風に振る舞えたのも例の夢のおかげ。ここから先は完全に未踏領域だ。

 * * * 

 ヒューイさんは、再びわたしを布団の上に寝かすと、今度はボタンを全部外すと、完全に脱がせてしまいました。
 一緒にブラジャーも取られちゃったので、今、わたしはストライプのショーツしか身に着けていません。
 それさえも、ヒューイさんはゆっくりとズリ下ろしてきます。
 うぅ……いくら好きな人とは言え、生まれたままの姿の見られるのは、さすがに恥ずかしいです。
 ましてや、下半身のアソコをじっくり見られたことなんて、お母さんにもグノーにもありません。
 両足を広げられると、わたしのソコからとろりと蜜が垂れているのが、自分でもわかります。
 「へぇ、ディアナって、けっこう濡れやすい体質なんだな」
 し、知りませんよォ、もうっ!
 目をつぶって、自分の中からこみあげる何かの感情に必死で耐えるんですけど、わたしの顔は、さらに真っ赤に染まっていることでしょう。

 ……
 …………
 ………………

 ふたり同時に快楽の頂きに達した直後、ドサリ、とヒューイさんの身体がわたしのすぐ横に倒れてきます。
 「ふぅ……スゴかったな。大丈夫か、ディアナ? ……ディアナ?」
 ヒューイさんには悪いのですが、正直、返事をする気力もありません。
 完全に力が抜け切ったわたしを見て、気絶したと思ったのか、彼が優しくわたしの髪を撫でてくれます。
 「だいぶ無理させちまったからなぁ。お、そーだ」
 聞き覚えのある呪文「ヒール」の韻律を彼の口が紡ぐと同時に、ジンジンとした疼痛を訴えていたわたしのアソコから、スーッと熱が引くように痛みが消えていきます。
 「これでよし、と。これならディアナも明日ツラくないだろ」
 あの"痛み"は、わたしが貴方に"女"にしてもらった証ですから、正直、もう少し味わっていてもよかったのですけれど……。
 でも、こんな時でもわたしを気づかってくださる、ヒューイさんのその優しさが大好きです。
 ヒューイさん、以後、末永く可愛がってくださいましね。



その5.ほろ苦くて、甘い香り

 休養日の翌朝、俺達パーティはついに待望の6人目のメンバー、しかも前衛を迎えていた!
 ……いたんだが。

 「…………」ムスッ!(怒
 「…………」ダラダラ(汗
 「…………」ニコニコ(笑

 く、空気が重ぇ~!
 ──そして、そんな中でもルンルン♪気分全開で、俺の左手を握っててくださるディアナに、ある意味感嘆する。
 何とゆーか、普段はあれほど敏感に空気を察する気配り屋さんなのに、こういう時に限りスルーですかそうですか。
 いや、そりゃね。好きな人(つまり俺)と一夜を共にした翌朝なんだから、幸せボケしてるのも無理はないと思うけどさ。
 「……なぁ、ヒューイ、自分と、このセレスティアのねーちゃん、知り合いなんやろ?」
 声を潜めて聞いてくるルーフェスに、渋々答を返す。
 「一応……世間一般的には"幼馴染"と言われるのが妥当な気がしなくもない」
 ピクリ! と目の前のセレスティア少女は眉をひそめたものの、特に何かを言うことはなかった。
 「ふむ。旧知の仲のお主を頼ってパーティを組みに来た、と言うワケかの。それにしては、随分と挑戦的な態度じゃが」
 ま、コイツはこーいうヤツだから。俺らの町の名士のご令嬢だから人に頭下げた経験があまりねーんだよ。
 「──トゲのある言い方ですが、あまり仲はよろしくないのですか?」
 さて、ね。昔……小さなころは、それなりに仲良く遊んだ記憶もあるんだけどな。
 「……随分な言われようですわね。けれど、確かにわたくしも頭に血が上っていささか礼儀を欠いていたコトは認めましょう。改めて自己紹介致しますわ。
 わたくしの名はセーレス・ヴァンガード。選択教科は戦士ですわ。そこの軟弱女タラシのリーダーさんとは、一応、子供の頃からの知り合い……ということになりますかしら。
 皆様、以後よろしくお願い致しますわ」
 優雅に一礼してみせるセーレス。
 はぁ……いったい、何でこんなコトになったのやら。

 * * * 

 今朝、目が覚めた時の気分は、まさに「サイコー!」だった。
 だってな~、憧れの、いや今や"最愛"と言ってしかるべき女の子と昨夜結ばれて、その娘の部屋で目が覚めたんだぜ。
 ほら、今だって、すぐ隣りに柔らかくていい匂いのする温かい存在が寝ているのを感じるし……って、あんましあったかくないな。
 ディアボロスってヒューマンより体温低いんだっけか? 昨晩は熱いくらいだったんだけど……はは、ありゃ、単に火照ってだけか。
 「んんッ……」
 お、掛け布団の中から色っぽい声が。
 まだ寝てるみたいだから、ちと悪戯してみるか。
 そーっと胸の辺りに右の掌を這わせる。

 ──ムニュン♪

 おお、何度触っても飽きない感触。昨日は何だかんだ言ってテンパってたから気づかなかったけど、こうして直に触ると、ディアナって結構着痩せするんだな。

 ──ムニムニムニ……

 「──あぁン、ダメです。乳首のあたりは感覚素子が大量に埋め込まれて敏感な部位なのですから、もっと優しく」
 ……って、この声は、もしやグノーさんッ!?
 「──はい、貴方のグノーです、まいだーりん♪」
 いや、マイダーリンじゃなくて! 何してるんですか、こんなところで!?
 「? ここは私とディアナの部屋ですが……」
 ええ、そりゃわかってますよ。俺が聞きたいのは、どうして俺の隣で寝ているかってことです!
 「──見て分かりませんか? 添い寝です」
 何で? WHY?
 そもそも、ここにいたはずのディアナは、どこに行ったんですか?
 「──ああ、なるほど。それでしたら……」

 ──ガチャ……

 「グノー、ヒューイさんを起こしてくれたぁ?」
 「……貴方と一緒に食べる朝食の用意をしていますが」

 嗚呼、時が凍るってこういうコトかと思ったね。
 けど、ディアナは、ベッドにいるグノーと俺を見ても微笑んだままだった。
 「もぅ、お寝坊さんですね、ヒューイさん。早くしないと朝ご飯食べてる時間、なくなっちゃいますよ?」
 「あ、うん、ごめん。今すぐ支度するよ、ディアナちゃん」

 ──ディアナが焼いてくれたパンケーキは大変美味しかったことを付け加えておこう。
 しかし……あの光景を見ても何も言われないとは。
 いや、ヘンな方向に捻じれて嫉妬でヤンデレられるのは確かに御免だけどさ。
 「──ひとつには、今のディアナは"信じる心"を装備しているからでしょうね」
 何、そのインチキくせぇアイテム名? てか、それって装備できんの!?
 「──その証拠に、ホラ」
 華麗に俺の疑問をスルーしたグノーは、傍らのディアナの右手をつかんで持ち上げて見せる。
 「? どうかしたの、グノー?」
 「──いえ、シャイボーイなヒューイさんが、ディアナと手を繋ぎたそうにモヂモヂされていましたので」
 「な~んだ」
 ニコリと微笑むディアナ。その満開の花のような笑顔が眩しいよ、ディアナちゃん。
 昨日までが道端でひっそり花開くタンポポだとすると、今日の笑顔は人の背よりも高い位置で太陽に向かって咲く向日葵くらいの勢いだ。
 「えへ、もしそうだとしたら、わたしをそんな風に変えてくれたのは、きっとヒューイさんなんですよ?」
 そんなけなげなことを言いつつ、キュッと手を繋いでくる。
 しかも、コレは指と指をからめた俗称"恋人つなぎ"!?
 グハッ……ディアナ、恐ろしい娘!
 無論、俺に異論があろうはずもない。ついニヤニヤしてたが、ディアナの右中指に何か指輪らしきものがハマっていることに気づく。
 「これは……友好の指輪か?」
 "信じる心"って、もしかしてコレのことかよ!
 「──イェ~ス、ザッツ・ライト。正確には、+2相当の品ですが。
 心配されずとも左手の薬指は、ヒューイさん用に空けてあります」
 なるほど。これで種族間の相性補正を無効化してるワケね。
 ん? でも、これって心理的な沈静効果まであるものなのか?
 「──その点については、ほんの気休め程度でしょうね。ですから、ディアナのヒューイさんに対する絶大なる信頼が為せるわざなのでしょう」
 はは、そう正面きって言われると、ちと照れるな。
 「──ところで、一夜を共にした割には、ディアナの歩き方が、存外普通なのですが……」
 しげしげとディアナの脚運びを見ながら、グノーは首をひねる。セクハラだぞ、ヲイ。
 「──かと言って、ヒューイさんもサッパリした顔されてますし。土壇場でヘタレてミッション失敗という風でもないですね。あぁ……」
 ポンと手を打つグノーさん。
 「──痛がるディアナに遠慮して、貫通は失敗したものの、素股で済ませたのですか」
 ブッ!!
 「?? "すまた"って何ですか、ヒューイさん?」
 シッ、女の子が道端でそんな言葉口にしちゃ、いけません!
 「──あるいは私が一昨日言ったことを気にしてらしたのでしょうか。しかし、中途半端な気遣いは……」
 「ちげーっての! あのな、グノー。俺が普通科の生徒だってこと忘れてねぇか?」
 コトがすんだ後、寝る前にヒールの呪文、ディアナにかけておいたんだって!
 「──成る程。盲点でした」
 納得顔のグノーと、まだハテナ顔のディアナの表情が見事に対照的だ。
 「──しかし……少し早まりましたね、ヒューイさん。終わってすぐに回復呪文を使われたとすると……傷と一緒に"膜"まで再生されているかもしれません」
 いいっ、マヂで?
 「──ええ、真剣と書いて"まじ"と読むくらいマジです」
 うぅ、そいつは困ったなぁ。
 「──乙女の純潔を2度も奪えると言うのは、男子の浪漫ではないのですか?」
 「ンなわけあるかい! 膜の有無で女の子の価値判断するほど外道じゃねーっての。
 大体、誰よりも護ってあげたい大好きな女の子が痛がってるのに無理して続けるのって、すんごく男としても心が痛むンですよ?」
 「「……」」
 え!? 何、この空気?
 「ヒューイさん♪」
 「──たまーに、素で殺し文句吐きますね、この少年は……」
 ??

 まぁ、そんなコトを話しながら、俺達はいつものパーティの集合場所──校門前の中庭まで足を運んだんだが……。
 「……せやから、ヒューイがどこにおるかなんて、知らんて! ワイも今日はほとんど朝帰りやったんやさかい」
 「あさっ…風紀が乱れきってますわね、この学園は!」
 なんだか騒がしいな。あの声は多分、ルーフェスだと思うんだが。
 「小娘、この学園は、必要な部分以外はあくまで生徒の自主性に委ねて運営されておる。授業外でプライベートをどのように過ごそうと、他人に口出しされる筋合いはないぞえ」
 あ、やべ、フェリアさんの声に険呑な響きが混じってきてる。ここは……。
 「お~い、どーしたんだ? 朝から騒がしいゾぉ」
 できるだけ肩の力を抜いた間抜けな口調で声をかける。
 「お、ヒューイ」「小僧」
 え? なんかふたりの視線が微妙に尖ってるんですけど?
 ありゃ、そこにいるのは、確かオリーブの知り合いのジェラートとかいう、アイツと瓜二つなお嬢様……だっけ。
 なるほど、タカビー女が、また何か無理難題フッかけてきたってワケか。
 うし、ここはパーティリーダーとして、ビシッと言ってやらねば。
 「え~と、どんなトラブルがあったのかは知らないけど、俺達、今日も外へ実習に行く予定なんだ。用があるなら帰ってからにしてくれ。悪いけど、失礼するぜ、ジェラート」
 よし。過剰にケンカ腰にならないよう気をつけつつ、とりあえず生徒間の不文律──他のパーティの冒険を邪魔してはならない──を盾に、この場を有耶無耶にする、我ながら巧みな弁論だッ!
 しかし……。
 「まがりなりにも幼馴染の顔を見間違える人がありますかッ!!」

 ──DOCOOOOOOOOMMMMMMM!!!

 ニコやかな顔のまま、こめかみに井桁マークを貼り付けた"ジェラート"……もといセーレスの痛烈なアッパーカットを受けて、俺は宙に舞うハメになったのだった。

 * * * 

 で、まぁ、冒頭のシーンに至ると。
 つまり俺が前にも言ってた故郷の町で旧知のセレスティアの娘であるコイツは、俺に対抗心燃やして、このクロスティーニ学園に入学してきたらしい。
 とは言え、さすがに入学式から一週間も経った今くらいになると、大体の生徒はすでにパーティを組んでいる。
 そこで、5人しかいないウチのパーティに白羽の矢が立ったようだ。

 「ほ、本来は貴方程度をライバルと言うのもおこがましいのですけれど、近くにいてその差を見せつけてさし上げるのも一興ですしね」
 むか。あとから無理矢理パーティに入って来て、その言い草はねぇだろう。
 「そ、それに、貴方のご両親から息子のことを頼むとお願いされてますし……」
 はぁ? ウソつけ、ウチの親父たちが、そんなコト言うタマかよ!
 俺がこの学校入るって言った時も、「そっか。で、いつ出るんだ?」「お弁当は今夜の残り物でいいわよね?」と、まるで隣町に遊びに出かける時みたいな気安さだったんだぞ。
 もっとも、出かける前日に切り出した俺も俺だけど。
 「そ、それは……い、一応、"幼馴染"ですからね、不本意ながら。貴方の素行が乱れていないか、ご両親に報告するのが"幼馴染"の義務というものですわ」
 大きなお世話だっつーの!
 「そうはまいりませんわ! そ、そもそも! この学校に入ってまだ一週間だというのに、パーティ内の女性ふたりにちょっかいをかけてるなんて、弛んでいる証拠ですわ! 不謹慎な!」
 えーと、ふたりって……ディアナはわかるとして、もうひとりは?
 「──それは私とスズメが言った」
 うわっ、グノーさん、いつの間に俺の右腕を抱え込んでらっしゃるので?
 「──ついさっきだりゅん、だーりん」スリスリ……
 や、やめてくださいぃ、俺には妻と子供……は、いないけど、「好きな人ができました」と胸張って両親に紹介したいよくできた恋人はいるんスから。
 ってか、その娘、アンタの妹分でしょーが!
 「──フフフ、もちろん可愛い妹ですとも。ですから、その未来の旦那さまと、義姉として親交を深めているだけりゅん」
 あぁっ、やめ、当たってる、当たってるから! それと、りゅんりゅん電波な語尾も禁止!
 「──ショボン(´・ω・`)」
 口で言うな! ってか表情が全然変わってないのがむしろコワいよ!

 「……随分と楽しそうにじゃれておられますわね?」
 底冷えのする口調でツッコミを入れられて、俺は話の腰を折られた当人に向き直る。
 「オッホン! と、とにかく。この女性は、恋人だとかそーいうのじゃ全然ないから」
 「──ええ、単なるセフレで「ちがーーーう!!」……チッ」
 ちょっとは自重してくれ、この性悪ノーム。なんでこの人の属性が悪じゃないんだろう。
 (……初めて会った時は、頼りになりそうなお姉さんだと思ったんだがなぁ)
 あの山道での第一印象は、もはや天空の彼方へと飛び去って久しい。

 「で! 俺の恋人はこっち! ディアナちゃん、ほら挨拶挨拶」
 俺の左手にぶら下がったまま、「ふみゅ~ん」と言った感じで幸せそうにタレている彼女をつっつく。どうやら、先ほどのグノーとのやりとりも、ほとんど聞き流していたらしい。
 「え? あ、はい、ディアナ・セルネと申します。僭越ながらこのパーティにアイドルとして参加させていただいてる身です。よろしくお願い致しますね、ヴァンガードさん」
 と、ニッコリまばゆい笑みを浮かべながら、深々とお辞儀をするディアナ。
 昨晩、「天然・無邪気なのは演技」みたいなこと言ってたけど、この様子を見る限り、どうみても地だよなぁ。
 ブッちゃけ、今この場に無関係な人100人連れて来て、このディアナの微笑みと、視線で人がヌッ殺せそうなくらい不機嫌な表情を浮かべているセーレスを見せたら、95人までが、ふたりの種族を取り違えるのではないだろうか?

 「ふ、不謹慎ですわ! 冒険のために組んだばかりのパーティの女性メンバーとねんごろになるなんて!」
 ムッ……。
 「──言っとくけどな、そもそも彼女とはこの学園に入る前からの知り合りなんだ。
 どちらかと言うと、一緒にいて互いを守りつつ成長するためにパーティ組んでるってほうが正しいんだからな。
 それに、成り行きとかいい加減な気持ちじゃなくて、将来的な伴侶になることも視野に入れてお付き合いしてるんだ。第三者にとやかく言われる筋合いはねぇ!」
 ……知り合ったのがココに来る一日前だったことは伏せておこう。
 「!! そ、そんな……」
 ありゃ、セーレスの奴、なんか妙に凹んだ顔してやがる。そんなに俺に言い負かされたことがショックだったのかな?

 * * * 

Other's View

 いかにも気丈そうなセレスティアのねーちゃんが、ヒューイの言葉を聞いて蒼白になっとる。
 ……にしても、ヒューイのヤツ、ほんまに気づいとらんのか?
 「朴念仁……と言うのもないではなかろうが、何やら因縁めいたものがあるのやもしれぬな」
 「──ええ、彼が彼女について発言する時、嫌悪と同時にどこか親しみを感じていることが語調から読み取れましたから、おそらくは」
 だからこそ、あれだけバレバレなツンデレねーちゃんの好意に、ヒューイが気づかん……と言うか認めることを無意識に拒絶しとるワケか。
 は~、相変わらずフェリアやグノー姐さんの観察眼はスゴいのぅ。
 「なに、観察眼と言うほどのものでもないわえ。強いて言うなら、"女の勘"じゃ」
 さいでっか。
 「──それにしても、これはディアナにとってもいい機会かもしれませんね」
 なんでやねん? あの3人、これから下手したら修羅場やで?
 「──だからこそ、です。あの子は今まで他人と争ってまで何かが欲しいと言うことはありませんでした。無欲と言えば聞こえはよいでしょうが、それは単に逃げてるだけとも言えます」
 まぁ、そやな。永久に争いごとから逃げ続けるなんて、無理な話やし。
 「──けれど、さすがに彼に関しては話は別でしょう。勝つにせよ、負けるにせよ、必ずあの子にとって得るものがあると、私は信じています」
 はぁ、なんやかんや言ぅて、しっかりおねーさんしとるんやな。
 ……つまらんコト聞くけど、引き分けやったらどないするんや? つまり、ヒューイの奴が「どっちも選べん!」って二股かけよったら。
 「──それでふたりを泣かせるようなら、もちろんシメます。
 ですが、もしふたりとも笑顔でいられるような甲斐性が彼にあるのでしたら……」
 そこで言葉を切ると、ニヤリと獰猛な、それでいて艶っぽい笑みをグノー姐さんは浮かべよった。
 「──そのご褒美に私もセットで差し上げてもよいかもしれません」

 <つづく>
-----------------------------------------
以上。
ヒューイとディアナの初H、完全版はPIXIV(色々悪い意味で話題になってますがw)に投下予定。寸止め朝チュンで「キーッ」となった方は、そちらをご覧ください。次の第6話にて、このお話はひとまず完結する予定です。拙い文章ですが、それまでお付き合いいただければ幸いです。

[作者注]
※1.ディアナのデート時の服装
某団長配下の未来人メイドの私服(主人公との初デート時)を想像していただければ、おおよそ正解かと。
※2.ヒール
「ドラ●エ」のホイミ、「WIZ」のDIOSに相当するいちばん初歩的な回復魔法。
※3.友好の指輪
種族間の相性値を0にするアイテム。ディアボロスをパーティーに入れるなら必須?
※4.セレスティア
解説するの忘れてた。この世界の「人」の一種で、「天使の末裔」とされる、背中(と耳)に白い翼を持つ種族。倫理観とプライドが高く、ディアボロスとは犬猿の仲。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

KCA(嵐山之鬼子)

Author:KCA(嵐山之鬼子)
Pixiv、なろう、カクヨムなど色々書いてます。感想などもらえると大変うれしいです。
mail:kcrcm@tkm.att.ne.jp

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード