『Stargazer』

 家庭用ゲーム機のギャルゲーに関して、ある種の伝説を残しているKIDというメーカーがあります──もとい、「ありました」。メーカー自体は解散して久しく、その後継者の一部は現在の5Pb.などに流れているのですが、ここは『EVER17』や『メモリーズオフ』シリーズなど、家庭用ギャルゲーとしては画期的な作品を多数生み出した、2000年前後からギャルゲーをプレイしていた人間にとっては、非常に思い出深いブランドなのです。
 で。そのメーカーの作品で、個人的には『E17』と並ぶ傑作だと確信しているのが、『My Merry May』とその続編『My Merry Maybe』です。より正確に言うなら、『MMM』自体は佳作レベルなのですが、傑作『MMMbe』を正確に理解するための前編、といった趣きなのです。
 当時、土日の大半の時間を費やして『be』をコンプリートした際は、いい加減ギャルゲー慣れしていた自分でさえ、目頭が熱く──いえ、正直に言うとボロボロ泣きました。
 無論、この種の「感動」には人によってツボが違うのも確かなのですが、それでも少なくとも最後までプレイした人の大半が「いい作品だ」と認めていることも、確かだったりします。
 まぁ、この作品に関して語り出すと止まらないので、このヘンにしておきますが、当時、その感動の余勢を駆って書いた拙いSS……の書き出し部分が出てきましたので、ここに掲載しておきたいと思います。
(まぁ、ゲーム本編を知らないと、伏線やトリックが意味不明でチンプンカンプンかもしれませんが……)

続きを読む

スポンサーサイト

フェイク・プリンセス・ワルツ

 HDDを漁っていて、ふと、昔2ちゃんでネタフリした設定を発見しました。
私が書いたのは、プロローグに当たる部分だけで、ネタのつもりだったのですが、その設定に乗っかる形で続きを書いてくださる方がうれしかったなぁ。
(今にして思えば、作中でも言ってる通りPCゲーの『プリンセスワルツ』影響がモロに出てますが)
 10話くらい続けてくださったのですが、残念ながら未完。私も色々設定的な意見を書き込んだりもしたのですが、逆にソレが枷になってたのだとしたら、申し訳ないです。

 ……というワケで、その私の書いた冒頭部分のみココで披露。もし万が一、コレの続きをかつて書いて投下した方が、このページを見ておられましたら、コメントなりメールなりで連絡いただけると幸いです。


続きを読む

鉛管の断わり

日曜、朝一で「まどかマギカ」の映画を前後編ぶっ続けて見てきました。
グッズ買いあさる程熱心なファンというわけではないのですが、同時に、「マドまぎ」のSSを書いてみる程度にはお気に入り作品ですので。
映画の感想としては
「泣きはしなかったけど、「いい最終回だった」(違)と満ち足りた顔で言える程度には、良いデキ」かと。
ともあれ、映画に触発されたワケでもありませんが、理想郷のチラ裏でまどマギSS「水栽培の少女達」の連載を始めました。私らしい、気の抜けたゆる~いお話ですので、どれだけの人にフックするかはいささか疑問ですが、のんびり続けていこうと思います。
ある程度溜まったら、コチラにも転載するかも。

──そして「つくしんぼ」のエピローグは難産してます。万一、待ってる人がいたら、ごめんなさい。

『籠球少女(偽) ロウきゅーガール?』(後編)

3回目にして完結。
楽屋落ち的ネタバレになりますが、"原作"同様、朋香はいじめによる孤立のため、以前の学校ら転校してきたという設定。
なお、コレより先に支援所で『篭球少女』という短編を投下していますが、そちちらでは、朋香が転校した先が恵心学園ではなく桜庭小学校というパラレルで、かつ朋香が転校前に衝動的にリスカ自殺して死亡……というヘビィな展開。
しかし、本来死ぬべきではなかった朋香の身体を神様が修復し、ほぼ同時期に不治の病で亡くなった彼女の従兄の魂が中に入って再生。以後、彼は新たな"朋香"として生きることになる……というTS設定になっています。
そちらの話も、そのうちリライトしてコチラか支援所図書館に載せないとなぁ。



続きを読む

『籠球少女(偽) ロウきゅーガール?』(中編)

昨日に引き続く女子小学生バスケSSの中編です。このブログに載せるものにしては何気に変態度(笑)が高いなぁ。
ちなみに、本作の主人公・昴流は、某薔薇人形の蒼いコを人間化したようなルックスです。もちろんオッドアイではありませんが。


続きを読む

『籠球少女(偽) ロウきゅーガール?』(前編)

 連休恒例(?)の3連続更新の1。今回は、『桜小娘』関係のSSを書く際にも参考にさせてもらった、某さわやかローリング・スポーツコメディなラノベにインスパイアされた、男の娘物です。
 シチュエーション的には、「もし、すば●んの身長が10センチ程低かったら」。構想ヒネってるうちに、それ以外にも設定を色々いぢる必要ができてきたので、あえて『ロウきゅ●ぶ』二次創作という形にはしていません。某TMAの『涼宮ハヒル』とか『非日常』みたいなモノ……とでも思ってください(笑)。
 PIXIVには掲載済みで、このブログにもアップすべきかどうか迷ったのですが、元々投下してあった2ちゃんのSSスレが落ちたようなので、ピクシヴIDが無い人に向けて、こちらにも掲載することしました。


続きを読む

プロフィール

KCA(嵐山之鬼子)

Author:KCA(嵐山之鬼子)
Pixiv、なろう、カクヨムなど色々書いてます。感想などもらえると大変うれしいです。
mail:kcrcm@tkm.att.ne.jp

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード