「すばらしき新世界」 cross world

このブログを読んでくださってる方なら先刻ご承知でしょうが、私は自分のオリジナルSSの多くを「同じ世界線でのお話」として書いています。
当然、クロスオーバーという程大げさではないものの、あるSSのメインキャラが、他のSSにチョイ役として顔を出す……なんてことがしばしばあるワケですが、コレって読み手にとっては不親切なコトなんですかね?

いや、ふと
「そう言えば、作家つながりで、「にゃん?」のパパさんと、「山の彼方」の仁科慶吾、「はこいりッ」の神無月優伍が出版社のパーティとかで顔を合わせる話書いたりしたらおもしろいかなー」と思ったもので。
時系列的には、慶吾が「山荘」を再び見出す少し前くらい。
魔に魅入られ友人を失くした慶吾と、逆に魔物を嫁さんにしている優伍、そこに、猫又の義娘を持つ天性のシリアスブレイカーのパパ(大滝フィリップ)が加わると、なかなかなカオスな空間になるかなぁ……と。
せっかくのパーティだから、人気舞台女優となった白鳥理緒(「星河丘学園」)と、セレブな映画女優・双葉りあ(「今日からあなたのお嫁さん」)あたりも参加して。
優伍と理緒は比較的常識人だけど、慶吾は間違いなく鬱気味、対してパパさんとりあ嬢は、はてしなくアッパー系……うん、間違いなく収拾つかないな。
実際には、時間軸をキチンと整理しないと矛盾が出るでしょうから、気軽には書けませんけどね。

……よく考えてみたら、5作中3作をココに掲載してなかった...orz
できるだけ、早急にリライトして掲載シマス……
スポンサーサイト

『今日からお姉ちゃん ~Hello, My Sister~』(前編)

「星河丘学園」シリーズ、続いては、私のお得意(なのか?)な兄×妹化弟モノ。いわゆるショタっ子女装系の話ですので、嫌な人は回避してください。
元は、とある同人ゲーム(の体験版)やって、設定には惹かれるものの、ダークっぽい結末が納得いかず、同様の設定から初めてハッピーな話を書こうとした代物です。時間経過のわりに、ヒロイン(?)が即堕ち過ぎると言う点は、大目に見てやってください。

※11/05/25 皐月紫龍さんに、めっちゃラブリーな「柚季ちゃん・お嬢さんバージョン」の絵を描いていただきました。多謝!

続きを読む

山の彼方の空遠く

予告しておいて、コロッと忘れていた表題作を投下。
原作的作品にインスパイアされて書いたオマージュ作品その2。2なのに1より先にココへ掲載(笑)。 
長らく元作品の詳細を私自身も忘れていたのですが、偶然コメントから情報を確認できました。感謝です。 
ブログのコメント返しにも書きましたが、本作は色々な面で「北の国」との同工異曲的な作品となっております。また、ゲーム「マージ~MARGINAL~」の影響も受けているかも。
ただし、両作品とは異なり、微鬱テイストなので、その点にご注意を!

続きを読む

『モンハン・スローライフ ~ロロパエ村初心者ハンター奮戦記~』2

2話も連続投下……というか、ココで打ち止め。

続きを読む

『モンハン・スローライフ ~ロロパエ村初心者ハンター奮戦記~』1

どうも。某動画サイトで「まどか×デモンベイン」なMADを見て、年甲斐もなくうるうるしてしまったKCAです。
やっぱり、「光射す世界に涙を救わぬ正義無し」だよなぁ。
──彼女は女神となったのだ! 「最も旧く、最も新しき神」に、な。

おかげで、先週の仕事その他の微鬱状態から回復できました。
その勢いを駆って新作投下! と言いたいところですが、要望がありましたので、モンハンSS「クイーンに首ったけ」シリーズの続編(ネクストジェネレーション物)を投下。今度は「MHP2G」仕様です。

続きを読む

「引き出し」の数

 最近、昔書いたSSを、ブログ用などにひっぱり出して加筆修正してると、思った以上に自分の創作物の引き出しが少ないということに気づいて、微鬱になったり。
 たとえば、今書きかけているTSF「目が覚めたら」と立場交換SS「替玉お断り」は、ともにTSFを書き始めた最初期の作品「兄が妹で、妹が兄で」のオマージュだと言えないこともない。
 また、同じく立場交換スレに投下するためプロットと設定固めている「泳げ! ちはやちゃん」は、気がつけば、いつの間にか好評だった「金槌少女」のパスティーシュになりつつあるし。
それ以外にも、

・「北の国」→「山の彼方の空遠く」
・「ようこそ、THEキャロッツへ!!」→「はっぴー? はっぴー!」
・「魔軍への潜入任務」→「黒白」&「善悪相殺」

 ……と、なんか相似形な物語を書いてる気がします。
 まぁ、しょせんは「私」なんでその程度の想像力しかないのだ、と言われてしまえばそれまでなんですけどね。

90年代的館モノ追想

 初代支援所に投下した「山の彼方の空遠く」という館モノSSをリライトしようとふと思い立ち、参考にするべく昔プレイした館モノ系エロゲーを思い起こしてみました。
 順不同に私が思いつく限りタイトルを挙げると……

●神樹の館 ●夢幻夜想曲 ●女郎蜘蛛 ●慟哭 そして ●化石の歌
●顔のない月 ●ELYSION ●夕霧~人形師の遺産~ ●禁断の血族
●河原崎家の一族 ●黒猫館 ●捕われた硝子の心 ●幻夢館
●雑音領域 ●人形の館 ○トワイライトホテル ○サナトリウム
○シークレットゲーム ○怪奇!ドリル男の恐怖 ○イントルーダー 

 ……プレイした限りではおおよそこんな感じでしょうか。○については厳密には「館モノ」とは言いきれないのですが、テイストとして大きく重なる部分もあるのでリストに入れました。洋館もいいですが、個人的には和風お屋敷の方が好きかも。

 以下、好き放題に「語り」ます。

続きを読む

☆『クイーン/奥様』シリーズ 概要

 一連の本作品は、ゲーム「モンスターハンター」シリーズをモチーフとした、いわゆる二次創作SSです。ゲームのバージョンとしては「MHP2」に準拠。
 「3」が出るこのご時世に……と思わないでもないですが、なにせこれの第1作を書いたのが、たしか「MHP2G」が出る直前くらいだったので。
 元作品自体、ストーリーはあってなきがごときアクションゲームなので、登場人物はもちろん、主要舞台(ロロパエ村という架空の地名を設定)をにいたるまで、かなり独自色が強く、ある意味1.5次創作と言えそうな内容に仕上がっております。
 ストーリーの傾向としては、ご都合主義的ラブ(エロ?)コメ、ときどき微シリアスといった感じで、とある男性ハンターと彼を取り巻く人々のまったりした日常を描いています。
 リライトに際して随所でフォローは入れていますので、あまり「モンハン」に詳しくない人でも、さほど違和感なく読めるはずです……多分。
「"モンハン"って、中世から近世くらいの文明レベルの世界で、ハンターの人々がいろいろなモンスター(竜とか)を狩って暮らしてるゲームだよね?」
 という程度の知識があれば、おおよそ問題なく楽しめるとは思います。
※2011/1/31 インデックス更新
※2011/5/17 皐月紫龍さんに本作のヒロイン・蘭(ラン)のイラストを描いていただきました。

ラン・バレット・フィーン/ハンター装束]イラスト:皐月紫龍
RAN


*シリーズ内の3系統
・『クイーンに首ったけ
 記念すべき第1作にして基本の流れ。前述の主人公ハンターの一人称で話が進む。
・『奥様はランゴスタ
 上記の番外編的位置づけで、視点(語り手)が主人公の嫁になっている。
・『ランゴスタ奥様劇場
 『奥様』よりさらに脱線気味な小ネタを拾った作品。やりたい放題でメタなギャグ的要素も一部あり。また、よりエロに特化した『奥様劇場IF』も存在する。
 ※(一部のエロいお話はPIXIVに完全版を掲載中)
なお、シリーズを時系列順に並べると以下のとおり。

・クイーンに首ったけ1
・奥様はランゴスタ0.5
・クイーンに首ったけ2
・奥様はランゴスタ1
・クイーンに首ったけ3
・奥様はランゴスタ2
・ランゴスタ奥様劇場1
・ランゴスタ奥様劇場2
・ランゴスタ奥様劇場3
・ランゴスタ奥様劇場4
・ランゴスタ奥様劇場5
・ランゴスタ奥様劇場6
・ランゴスタ奥様劇場7
・ランゴスタ奥様劇場8
・ランゴスタ奥様劇場9
・ランゴスタ奥様劇場 番外編

 ※6のあとに「ランゴスタ奥様劇場IF-1」※ラン×ヒルダの百合と、マック×カンティの女装ショタもの
・クイーンに首ったけ4

 ※4の直後に「ランゴスタ奥様劇場IF-2」※マックと蘭のらぶらぶH

・クイーンに首ったけ エピローグ

 ※数年後に「ランゴスタ奥様劇場IF-3」※Sなヒルダが、Mな青年を躾け
 ※「ランゴスタ奥様劇場IF-4a」  「ランゴスタ奥様劇場IF-4b」
 →本編開始の数年前のカシムとキダフの話


●続編?(マックとランの娘がヒロインです)
モンハン・スローライフ ~ロロパエ村初心者ハンター奮戦記~
・1
・2


※さらに番外
お嫁様はお嬢サバ!』(スローライフの数年後?のロロパエ村)
 →アダルトTSFコンテンツ支援所(γ)図書館に寄贈

黒白と善悪

 2ちゃんの「立場交換」スレの方で「詳細はブログ参照」とかフッておいて、その解説をしていなかったことを思い出したので……以下、整理して解説。

 正義のヒロインと悪と女幹部の立場交換系SS「黒の誘惑と白への回帰」と「是ぞまさに善悪相殺?」(両方ともそのうちココにも掲載します)ですが、このふたつは基本的に同一の根っこから派生したお話です。

 キーとなるのは、悪の組織「DUSTY/ダスティ」と異世界の賢者「ハミア」。
 ネタバレすると、両方の話において、この両者は基本的に同じ組織/同一人物です。
 彼らの故郷は、私のファンタジー系物語のベースとなる「異世界アールハイン」のサイデル大陸。その中で、歴史はあるが、かなり衰退したダイナスティリオ=フレンシル帝国というのが、ダスティの直接の母体です。
 かつては大陸の3分の1強を支配した大帝国だったのですが、新興国に領土を奪われ、今や日本の四国の半分くらいの領土しかなくなってしまった没落国。
 そして、最後の帝都すら周辺国に攻め入られ包囲され、陥落は時間の問題……となったところで、若き皇帝グランゴワールは、「王宮ごと別の場所へと転移する」という大胆不敵──というか狂気と紙一重の起死回生な計画を実行します。
 計画は半ば失敗、半ば成功し、転移はしたものの、予定していた辺境の島ではなく、地球の日本・八丈島の東山に重なる(押し潰す)ような形で王宮は出現しました。
 アールハインに於いては、賢者や国の上層部レベルでは異世界というものの存在が認識されていたため、彼らは事態をおおよそ把握。数日間の情報収集ののち、秘密裏に日本政府に接触し、今の場所(八丈島)を租借することを申し出ました。
 ちなみに、王宮の周辺(八丈島内)には強固な結界が張り巡らされ、電子機器類や火薬等が使用不可になる効果があるため、科学兵器による攻略は困難。
 しかしながら日本としては、島ひとつとは言え簡単に頷くわけにはいきません。情報規制しつつも、この申し出を飲むか否かで政府上層が割れます。
 幾多の交渉を乗り越え、なんとか意見がまとまった日本政府とのあいだに条約を締結するため、皇帝自ら調印に向かったのですが、その現場で政府内のタカ派がこっそり皇帝捕獲を試みます。

 で、ここから2作の差異。

 結果的に捕獲(誘拐)作戦は失敗し、当然交渉は決裂。帝国は日本に宣戦布告、新生帝国ダスティと名乗るようになる……というのが、「善悪相殺」の背景です。
 また、世界観的には、地球側でもある程度オカルト的なものを受け入れる素地がある緩い世界──β世界線を想定してます。
 よって、「善悪相殺」では、皇帝&皇妃が健在/女幹部サキュベインは元の帝国の貴族の娘(王宮女官長)/日本への作戦行動は嫌がらせレベル
 ……となります。

 対して、捕獲作戦が失敗したのみならず皇帝が死亡したのが「黒誘白回」の背景。こちらはα世界線──表向き魔法・人外が認められていない世界なので、より拒否感が強かったのだと考えてください。
 皇妃ティナスカヤは皇帝の遺志と体組織の一部を受け継いで、総統スカイゴワールに。DUSTYは、亡き皇帝の無念を受けてより過激なテロ組織へと変貌。また、サキュベインは皇帝を守って戦死したため、新たな女幹部としてサブキュースが生まれました。

 ちなみに、賢者ハミアは、元々は帝国と敵対する国から来ていた大使で、運悪く転移に巻き込まれた高位の術者。転移直後、帝都を脱出し、日本側に亡命するのですが……
 α)運よく御堂博士らと出会い、国の援助も受けて国立浄魔研究所を設立。浄魔部隊エクサイザーズを組織したのが、「黒誘白回」のドクター・ハミア
 β)後ろ盾を持たず、あくまで個人レベルで適正のある人間(魔力を持つ若い娘)を探し出し、彼女達に「お願い」してセイント・ジュエルズを生み出したのが、「善悪相殺」の光の賢者ハミア
 ……という感じですね。

 元々これらの設定は「魔軍への潜入任務」という未完のSSで使用するつもりだったモノの再利用です。
 ちなみにこのSSでは、女魔族の皮を(文字通り)かぶって魔族の帝国に潜入した地球人側の工作員が、幼い皇帝の側近として重用され、帝国の事情を知っていくうちに、心情的に帝国側に肩入れするようになる……というモノでした。こちらも書きたくはあるのですが、時間と優先順位ががが……。

『今日からお姉ちゃん ~Hello, My Sister~』(後編)

イケないゆきちゃんのファンタジっくストーリー(笑)、後編です。


続きを読む

『姉への手紙 』

こちらも「星河丘学園」シリーズ。読めばわかると思いますが、本作の主人公(ヒロイン?)、斉藤菜月は、「女子高生・渡良瀬和己」の天野かすみの部活の後輩に当たります。

続きを読む

『巡恋華』前編

リクエストがあったので、今週は「星河丘学園」シリーズ強化週間。あ、シリーズとか言っても、各話の繋がりは希薄。主人公なりヒロインなりが、星河丘学園の高等部ないし中等部に通ってるってだけです。
まずは、ロリババァ物の「巡恋華」より。もっとも、彼女(華名)をロリババァの範疇に含めてよいのか、微妙に悩むトコロではありますが。

続きを読む

「ひきょたん!!」SSその2『けい×あす/アフター』

けい×あす』の続編を2ちゃんに投下してたの忘れてましたよ。インデックス整理して気付いたので、緊急掲載。

※本作は、少年エースで連載していたマンガ「ひきょたん!!」を基に筆者が妄想をたくましくした二次創作「けい×あす!!」の後日談です。一部季節感など微妙に変更。
できればコミックス2巻を手元に妄想していただけると、より楽しめるかと。
※原作の説明その他は、前作を参照のこと。
●東圭太:「ひきょたん」の(一応)主人公的立場。本SSでは、タイプの違う美少女3人に囲まれていながら、あえて4人目の男の娘を選んだ勇者。しかし、性格面を考えると、それが一番賢明な選択と言わざるを得ない。
○瀬戸口飛鳥:ツインテールが可愛い本SSのヒロイン……男の娘だけど。原作と異なり、圭太とくっついたことで女の子的思考度がより高まり、見事に「恋する乙女」化している。
最近完結した原作でも、乙女化&圭太とのカップル化が著しかった。俺得!
・その他の人:脇役(ヒデェ!)

続きを読む

『アウフヘーベン ~対律止揚~』2

 そして二話の前編部分投下。
 もっとも、後編部分がいつになるのか、はたして書くのかすら定かではありませんが。

続きを読む

『アウフヘーベン ~対律止揚~』1

 昨日に引き続いて「対律止揚」の第1話を投下。元ネタがどちらも前世紀のコンテンツだからなぁ。「エヴァ」はともかく、はたして「AmbivalenZ」を分かる人がいるのでしょうか(笑)。

続きを読む

『アウフヘーベン ~対律止揚~』 0

 まさかの旧作投下。ものすごく古くて、たぶん00年か、それ以前に書いたはずのエヴァンゲリオン×アンビヴァレンツなSSです。当時の評判は……どうだったかなぁ。
 ちなみに、「対立」ではなく「対律」なのはワザとです。誤字関連以外、ほとんど手を入れてないので、どうにもアレですが、よろしければ読んでやってください。

続きを読む

ゴールデンウィーク前半の作業報告?

・2ちゃん「立場交換」スレにて、『黒の誘惑と白への回帰』無事完結!
・TSF支援所ふたば板にて、『契約ノ対価』完結!
・同じくTSF支援所ふたば板にて、『嫁とは無休&無給のメイドのこと?』完結!

よしよし。順調に未完のSSを終わらせてますね。
……調子に乗って、ふたば板で「ふたりの門出」の続き、投下しちゃいましたけど。
し、仕方なかったんやー! 激甘妄想の続きを読みたいって人がいたんやー!!

まぁ、それはさて置き。
とりあえず、明日は出勤なので休むとして、残りの5/3~5/5にも一本ずつ片付けますか。
予定では、支援所の「うまい話」と「目が覚めたら」、2ちゃん・人間以外スレの「はこいりッ!?」後編かな。できれば、このブログにも何か新作SSを投下したいところですが。極楽先生の続きとどっちがいいのかなぁ。
プロフィール

KCA(嵐山之鬼子)

Author:KCA(嵐山之鬼子)
Pixiv、なろう、カクヨムなど色々書いてます。感想などもらえると大変うれしいです。
mail:kcrcm@tkm.att.ne.jp

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード