『ルイズは悪友(とも)を呼ぶ! After』その10

 続いてアフター編の続き。第一部から数えると、劇中で一年あまりが過ぎてる計算になりますね。

続きを読む

スポンサーサイト

『ルイズは悪友(とも)を呼ぶ! After』その9

2010年末最後の更新は、「るいとも」2本立て、まずはアフター9話からです。

続きを読む

地下倉庫

続きを読む

男坂

車田先生の伝説的作品で、打ち切りマンガの定番のネタである「オレはようやくのぼりはじめたばかりだからな」としても名高いアレを、今回の表題にしたのは、無論ワケがあります。

え~、以前から2ちゃん(のエロパロ板)で続けていた「王女様と私」(剣と魔法と学園スレ)と、「次期当主はメイドさん!?」(立場交換スレ)が、このたび無事?、最終回を迎えました。
あえて、「完結」ではなく「最終回」。と言うのは、本来意図したのとは違う第一部完的な終わり方をさせてしまったからなんですね~。
「なんと不誠実な! キチンと当初の予定通り書けよ!」というお叱りは、誠にごもっともなんですが……正直、以前も漏らしたとおり、モチベーションが、ね。
ローテンションなまま、ズルズル引っ張り続けるよりは、区切りのいいところで終わらせよう……と言うのが、現在の私のスタンス。
まぁ、ブッちゃけ、書き捨てるように途中でフェイドさせた作品も過去には多々あるワケですし、それを思えば「何を今更」と言われそうですけどね。
少々竜頭蛇尾、あるいはブツ切れ気味でも、一応キチンと終わっている方がよいのか(GA文庫の「蒼海ガールズ」なんて、まさにそんな感じでした。惜しい!)。
それとも途中で更新がストップして完結する気配はまるでないけど、その途中の部分までは非常におもしろい方がよいのか。
……いや、無論、「おもしろくて完結している」のがベストなワケですが。

ともあれ、しばらくはこのブログの方の更新に力を入れる予定。年内にもう一度更新して、新年3日あたりにも更新します。
見捨てずに、時々覗いていただけると、大変ありがたいです。

漢の戦い?

「名無し君。オレはここで乙をすることしか出来ない。
 だがキミにはキミにしか出来ない、キミなら出来ること(自分のSSを書くこと)があるはずだ。
 誰もキミに(書けと)強要はしない。
 自分で考え、自分で(何を書くのか)決めろ。
 まぁ、(中途半端でやめて)後悔のないようにな」

 ──というフレーズが思い浮かんだKCAです。
 まぁ、「村」が星みっつまで完クリしたのと、PSP版「ぱチャC」が予想以上にヘッポコだったため、アチラの世界に入り浸りにはならずに済みそうです。
 先日の「泣き言」は正直な気持ちでもありますが、書き込み規制もあるのだろうし、しばらく無理しない範囲で頑張ってみようかと。
 とりあえず、反応があった「次期当主はメイドさん!?」はラストシーンまで決まっているので続けます。「美幸16歳」は、続けるとしたらその後。
 「王女様と私」は……もういいかな。そもそもあのスレでやるべきネタではない気がしてきましたし(ゲームのエロパロ板で「公式女キャラ」×「オリキャラのエルフの男の娘」ってのもニッチだろうしなぁ)。

 とは言え、

 ○「女淫魔の皮をかぶって魔族の国に潜入する元陸自の精鋭♂」の話(TSF)
 ○「アイ●スの某女装アイドルが、魔法の補整下着で完全女性化していたら?」(TSF)
 ○「同居する従兄の看病をするために、女の子になっちゃった少年」の話(TSF)
 ●「革命で国を追われた姫君」と「主人公の幼馴染」の瓜二つ入れ替わり(立場交換)物
 ●「文化祭でクラスでミュージカルをやることになり、ソプラノボイスと低身長からヒロイン役を任された少年と、アルト声・高身長から男性主役を任された少女の立場交換」物
 ●某所で書きかけて止めた「大神(オオカミ)が顔見知りの少年を頼って町に来て、犬耳少女に化けて同居し始める話」の続き(人外スレ向け?)
 ●マッチョなバトルマニアにしか見えない女吸血鬼の修道女見習と、インテリメガネな人狼青年(女吸血鬼の担任教師:担当は数学)が、某所のシリーズ物の黒幕な天才(天災?)美人科学者の支援を受けつつ、大暴れする話(人外スレ向け?)

 ……何だかんだ言って、書きたいモノは多いんですよねぇ。
 「これが SSかきの サガか」

「愛は心の仕事です」

 ……という歌の題名を、ふと思い出しました。菊池桃子、だっけ?
 いや、ネット(とくに2ちゃん)を見てて、「乙は読者の仕事です」というフレーズが浮かんだものですから。
 あまり健全とは言い難い傾向の場所にばかり駄文を投下している身で言うのはおこがましいかもしれませんが、掲示板等でSSやそれに準じる文を読んで、「おもしろい」と思ったら、「乙」「GJ」の一言でもいいから書き込みましょう……という意味です。
 いや、だって、自分の体験に照らし合わせても、SS投下して何の反応も返って来なかった時の徒労感、ガッカリ感は、筆舌に尽くし難いモノがありますから。
 無論、「おもしろくない」「駄作だ」と思ったなら、必要ありません。素直に言ってしまうと「荒らし」扱いされてしまう時もありますしね。
 でも、「スゲー! 超おもしれェ!!」ってほどでなくても、「あ、ちょっといいかも」「なごんだ」「この先に期待」程度の作品であれば、できるだけ何がしかのレスポンスを返すべきだと思います。
 ちなみに、そういう(賞賛するほどでない、あるいは好みではないが、決してクソではない)作品を見た時、私は「乙」(=お疲れ)という表現で、作者の労をねぎらうことにしています。「GJ」は褒めるとき用の定型句。

 ──で、結局何を言いたいかと言いますと。
 「いくつか投下連載してる作品、無反応なものもあるから、もぅ、フェイドしてもいいよね?」
 という泣き言(笑)です。
 や、スレ落ちさせない保守の意味も込めて半ば無理くり投下してたモノもあるんですが、コレで落ちたり廃れたりするのもやむなしかなぁ、と。
 具体的には、「美幸16歳」とか「次期当主はメイドさん!?」とか「王女様と私」とか(最後のは、ひとりから反応ありましたけど)。「おればか」は、それなりに反響あるんで、続ける予定。
 ──べ、別にMHP3が忙しいから、SS書いてる時間が惜しいワケじゃないんだからねッ!(いや、そういう側面が全然無いというワケでもないんですが)

 まぁ、2ちゃんの方での連載を打ち切った作品については、ご要望があれば、いずれここのブログで続きを書く可能性もなきにしもあらず……ということで。

 ……ここんトコロ体調不良気味なので、いつもにもまして後ろ向きな文章だなぁ。

『ルイズは悪友(とも)を呼ぶ!After』その8

 「るいとも」の続き。こちらは、2ちゃん投下時、「コレはヒドいw」的な感想をたくさんもらった章ですので、以下を読む方は、心構えをば。

続きを読む

テーマ : 自作小説(二次創作)
ジャンル : 小説・文学

プロフィール

KCA(嵐山之鬼子)

Author:KCA(嵐山之鬼子)
Pixiv、なろう、カクヨムなど色々書いてます。感想などもらえると大変うれしいです。
mail:kcrcm@tkm.att.ne.jp

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード