久々にTSエロゲー買ってみました

 ワゴンで半額だったんで買ってみたPCの『アイドル肉体交感』。全体の9割以上がHシーンといういわゆる抜きゲーはあまりやらないんですが、TSゲームって少ないので、つい手を出してしまいました。
 全クリ(といっても2ルートしかありませんが)した客観的感想としては「値段相応」。ただし、個人的には、ノーマルエンドじゃない特殊エンドが「身体を交換したまま元に戻らない」終わり方で、しかも両者の合意あり、さらに(途中の経過を無視すれば)ラブラブハッピーと言えないこともない結末なので、非常に満足しております。ミイラ取りがミイラになるというのは、こういう事を言うんだろうなぁ。
 閑話休題。
 現在、昔支援所に途中まで投下してエタった『がーるず・ぶらぼー』(皮モノ)と『パッチワークガール』(首すげ替えモノ)を、完成させるべく四苦八苦しております。前者はHシーン有(の予定)なのでピクシヴ、後者はR15レベルなのでここ(ブログ)にて発表する心づもりです。来週末くらいにはどちらかアップできればいいのですが……。
スポンサーサイト

転生超人外伝追加

 カクヨムの方の連載で外伝その5を追加しました。こちらは、外伝その2に登場した主人公以外の転生者のひとり、「無敵の防御能力」持ちの田中史花さんのその後のお話です。
 ちなみに、名前で予想がつくかもしれませんが、この人、『アイマスCG』の文学少女・鷺澤文香に古澤頼子の要素をプラスしたイメージのキャラです。ついでに今回の外伝5で判明した彼女の徒党仲間もCGガールズからイメージを引っ張ってきてます。
・スフィア 使用武器:刀 15歳
 イメージは脇山珠美。ゴザル口調の天真爛漫な武士道娘。
・ビギン 使用武器:軽弩(錬金術士と兼業) 16歳
 イメージは藤原肇。真面目な研究家肌。実年齢より雰囲気が大人っぽい
・サニー 使用武器:打槌&小盾 23歳
 イメージは片桐早苗。明るく陽気な武闘派(!?)姐御。徒党のリーダー

次の外伝では、もうひとりの転生者の話でも書くかなぁ。

最後の艦これSS

 ここのところ、艦これ提督を半引退……というか9割5分引退状態なので、そろそろ完全に手を引こうかな、と考えています。今年に入って、週1どころか月1くらいでしか起動してないし。
 とは言え、折角それなりの期間、気に入っていた作品でもありますので、最後に艦娘化SSと普通(?)の艦娘ラブコメ物を、それぞれひとつずつ書いて〆としようかな、と。
 後者は榛名か扶桑のいずれか(の黒髪大和撫子系)になると思うのですが、前者のTS物のヒロイン(?)を誰にするかで悩んでいたり。
 候補としては──

候補1)熊野
 元々、いいとこのボンボンだったが、諸般の(家庭の)事情で艦娘になることになる。艦娘化処置を受けて重巡娘の熊野になった後は、育ちの関係でか「ちょっぴりタカビーだけど上品で優雅なお嬢様」っぽい言動の少女に。シニカルでズボラな提督と衝突したりケツを叩いたりしつつも、なんやかやでかけがえのない相方となっていく……という王道ラブコメ。

候補2)鳳翔
 「風強波高」より前の時代が舞台。オリジナルシックスのひとりでファーストボーンたる鳳翔から、直接、二代目鳳翔となる資格を譲られた青年提督の話。FB鳳翔の相方として深海大戦黎明期を過ごし、彼女の母性(やさしさ)に助けられてきた青年が、“母”の遺志を継いで空母娘や駆逐艦娘たちに慈愛を注ぐようになる。やや悲恋寄り。

候補3)プリンツ・オイゲン
 GIDやホモというわけではないのだが、近所の青年(といっても18、9歳)に疑似ブラコン的に懐いていた少年が、提督となった青年のそばにいるために艦娘となることを志願し、結果、希少な海外艦娘となる話。当初は呂ーちゃんにしようかと思ったが、犯罪臭がハンパないのでプリンツに。純愛路線。

候補4)浜風
 「風強波高」の島風(風嶋提督)以来の「懲罰としての艦娘化処置」を受けた青年兵士。ただし、風嶋が当時14歳と幼く、色々情状酌量の余地があったのに対し、こちらはガチでクズい(艦娘への暴力とセクハラ)ため、元に戻してもらえるかは未定。当初はふてくされ気味だったものの、女性化し艦娘になるという二重の意味での環境の激変に対応するため、先輩艦娘達の指導や協力を得るうち、少しずつ更生していく。

今の所、1か3になる公算が大ですが、4の可能性も0ではない感じ。

コールドフール──冷めた愚者ではなく夏風邪をひく馬鹿

 前回のブログの翌日から、いきなり風邪でダウンし、残りの連休を体調不良のまま過ごすことになりました。熱に浮かされてトイレに起きてはゲ●ピー、食事おかゆの日々。日曜の朝起きたら、なんとか元気8分目くらい回復してたので、買い出しと掃除で費やしたため、結局5月の3456日は、あまり好きなことはできませんでした。
 で、考えてみるとこの風邪、もしかして温泉で朝風呂したあと部屋でダラダラ寝転んでて湯冷めしたからでは、と気づいてしまいました。そういえば、行きは気にならなかった荷物が、湯治で多少なりとも癒えたはずの帰りに妙に重く感じたのも、もしや体調が悪化し始めてたから……?
 やはり連休だからと張り切って普段やらないようなことをやると、落とし穴があるということなのだらうか。
 で、寝込んでいた3日間、ベッドではゲームする気にもなれなかったので、つらつら色んなSS読んでたら、脳がすかり書き手モードから読み手モードに。
 昨日の日曜も、男爵さんのセンチュリー種子島サーガシリーズや無謀さんの青い血を1から読み返し始めてしまったり、夢に惑うとか狩猟日誌とかバルクびとも読み返したくなってるし……ああっ、どれも超時間泥棒なのにぃ!
 当分、新しいSSを書ける心境&状態ではないかもしれません。

うほっ、いいお湯!

 昨日(5/1)、今日も前後の連休に合わせて有給を執とったので、何となく思いついて温泉に行ってきました。
 思い立ったのが4/30の朝だったため、最悪日帰りでもいいやと思っていたのですが、運よく素泊まりの宿をとれた(ただし無駄に広い部屋のため10000円取られましたが。本来は6人くらいでも余裕で寝られる広さでした)ので、そのまま1日昼に電車に飛び乗ってGO。
 いや、一応、4月半ばあたりから左肩が痛い(医者では回旋筋腱板の損傷と言われました)ので、その湯治に……という目的もあったんですよ? 
 一泊二日でそれ(湯治)が果たせるかはさておき、素泊まり宿の割に部屋も綺麗で、温泉もゆったり堪能(といってもチェックイン後すぐ、夕食後、朝食後の3回ですが)できたのですが……。着替えだの暇つぶし用の本だのを一杯鞄に詰めてたので(さらに帰りは職場用お土産もプラス)、ふたつの鞄を左右の肩にかけて帰ってくるだけで、なんだか結構疲れた気が……あれ、これで肩凝ったら、温泉入った意味なくね? と思う五月頭のひと時でした。
プロフィール

KCA(嵐山之鬼子)

Author:KCA(嵐山之鬼子)
Pixiv、なろう、カクヨムなど色々書いてます。感想などもらえると大変うれしいです。
mail:kcrcm@tkm.att.ne.jp

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード