FC2ブログ

同人小説「姦興狼絡」の感想

 以前から、ピクシヴで狐娘TS物をいくつか拝見したことのある、鹽(塩梅)さん作の同人誌「姦興狼絡」を電子購入。メイド! ロリ巨乳! 狼耳っ子! さらに皮物TS……と、個人的嗜好をくすぐる要素がてんこ盛りだったので、ワクワクしながら読んでみたのですが……アタリでした。
 TS作品はとかく強制&強姦タイプのものが多いのですが、本作の場合、主人公側に「高名な錬金術師に住み込みで師事すること」という目的意識があるため、その対価として試作品の皮を着ることに、さしたる抵抗感なく合意します(むしろ興味津々?)。そのうえで、狼娘になったことの実感の描写や初エッチに繋がる流れも見事。メイド兼弟子としての充実した日々やリフレ目的でのスライム姦を経て、主人公が新たなアイデンティティを形成していく様も非常に自然で、できれば後日談(皮娘が妊娠できるかの実験をする、とか)を読みたいと思わせる逸品でした。
スポンサーサイト

『誰よりも近い場所』(前編)

 10年ほど前に書きかけて挫折したSSを発掘。義体系女体化というか女性型人形の身体に閉じ込められての復活という形でのTSは、数多のエロマンガや、知る人ぞ知るエロゲー『スーパーウルトラむっちんぷりぷりサイボーグマリリンDX』などでもお馴染み(というほどでもないが)ですが、『夕霧』や『魔人形』みたいなホラー系人形ヒロインが好きという個人的嗜好もあって、それをもうちょっとマイルドにしてみたのが本作。
 ちなみに、キャライメージの元ネタは『ウィル・オ・ウィスプ』という乙女ゲーで、こちらもまた主人公(♀)が、様々な生きた人形(♂)達と関わっていく作品だったりします。乙女ゲーなのに、続編では女友達(この場合は彼女に仕えるメイドさん人形)とのENDがあるあたりもポイント高し。
 後編は来年頭辺り……に書けるといいなぁ(願望)。

続きを読む

『吹雪として建造されたけど頑張って生きてます』Xデー編

 前話(⇒こっち)で、夏に初デートした吹雪さんと提督さんが、冬に初えっちするお話。ピクシヴの方には、18禁シーンの完全版を掲載してます(こちらではサワリ程度)。
 なお、個人的には、この話の5、6年後にくらいに深海棲艦との戦いもひと区切り(完全消滅ではないものの、敵の数が10分の1程度に落ち着いた状態)となり、艦娘の半分程度が退役、残りの半分も予備役となる……と妄想。
 この話の吹雪も解体≒退役して「普通の女の子」になり、籍を入れて正式に中川提督と結婚、2年後には男女の双子を産み落とす……なぁんて考えています(あくまで、私個人の妄想です)。

 ちなみに今回の独自設定としては……。
・各鎮守府や泊地には、複数の提督が在籍している。鎮守府は7、8人、基地・泊地は3、4人程度。大湊警備府は例外的に5人の提督がいる。提督はそれぞれが階級と実績に応じて、20~50人程度の艦娘を部下とし、指揮する。
・各基地(鎮守府・泊地)には提督とは別に基地の総司令官が存在し、基地全体の軍務を統括している。ただし、各提督への命令権はない(提督は大本営直轄)。
・艦娘が鎮守府等から外出すること自体は申請書を出せば(よほど素行不良などでもない限り)許される。その縛りは鎮守府ごとに異なり、舞鎮だと「艦娘寮の受付に置いてある用紙に必要事項を記入して、書類箱に入れておけばOK」(つまり事実上無制限に近い)。ただし、日をまたいで外泊する場合は、提督の承認を受けたある程度正式な書類が必要となる。

 ……といったところ。いくつかは私の艦これ話「風強波高」シリーズにも応用するつもりです。

続きを読む

読書週間/習慣?

 久々の再開を記念して『やる夫は青い血を引いていたようです』を最初から読み直してみましたが、やっぱり無謀さん(「青い血」の作者)はスゲェなぁ、と感心する所存。物語を盛り上げるには、大まかに伏線どんでん返し型とドミノ倒し型がある(無論、このふたつは両立しうる)と思うのですが、「青い血」は8:2で後者の比重が大きいタイプ。描写を積み上げることで、小さな流れが大河になるように重厚・重層化する様は、読んでいて夢中にさせられます。
 カクヨム/なろう掲載作では、一風変わった異世界転生物『クローン兵士の日常 異世界に転生したら危険と美女がいっぱいでした』が、最近のお気に入りです。世界観的には「近未来化したワイルドアームズ」もしくは「ちょっとだけ文明度の高いメタルマックス」と言うべきか。お約束の世界的規模の大破壊のあと、緑が少なく荒れ果てた環境となった世界で、それでも人間は(ニンスレかスカベンめいたマッポー感マシマシながらも)シブとく生き残っています。環境的には、たとえに挙げた4作品の中では一番近いのが「スカベンジャー」シリーズで、荒廃した世界にも一応(都市国家連合という形ですが)「同盟」と「機構」の2大陣営が生き残っており、両者は懲りもせずに戦争状態にあります。主人公は、原因不明(後に理由は判明します)ながら、現代日本の大学生から、題名通りその異世界のクローン兵士に転生(ジョブチェンジ)することになった青年。四苦八苦の末、実験体扱いから抜け出し、戦争の最前線で戦う兵士となった彼が、押し付けられる無茶振りをヒィヒィ言いながら乗り越え、出世し、ちょっとだけイイ目にあったかと思ったら、さらなる試練に遭遇していく様を描いた作品です。こういうSF系の作品も書いてみたいなぁ。
 同様に「スカベンジャー」テイストあふれるSF『リビルドワールド』は書籍化が決まったみたいなので、こちらも書籍化しないかなぁ……と期待しております。

『吹雪として建造されたけど頑張って生きてます』恋人編

 どくぺぷしさんの艦娘TS転生漫画『吹雪として建造されたけど頑張って生きてます』にインスパイアされ、ご本人の了解を得て、続きを書いてみた二次、いや三次創作SSです。私のいつもの「風強波高」シリーズとは当然別の世界線です

※原作の超雑な前提説明
 元『艦これ』プレイヤーだった青年は、目が覚めると鎮守府で建造したての艦娘・吹雪になっていた。理由も経緯もさっぱりわからないが、元に戻る方法も、そもそも戻れるのかも同様にわからないため、青年改め吹雪は、一介の艦娘として頑張って生きていくことになる。
 最初は大変なこともいろいろあったが、徐々に仲間も増え、戦果もあがり、新米だった提督も成長。吹雪自身も鎮守府での暮らしにそれなりに馴染んでいることに気付き、最近はこのままでもいいかと思うようになっていた。
 そんなある日、提督から呼び出しを受ける吹雪。ケッコンカッコカリの指輪を受け取って欲しいと言われて混乱、執務室から逃げ出してしまう。
 ──まぁ、結局、なんやかんやあって自覚してなかった自分の気持ちに気付いて、追いかけてきた提督から指輪を受け取るんですけどね!


続きを読む

プロフィール

KCA(嵐山之鬼子)

Author:KCA(嵐山之鬼子)
Pixiv、なろう、カクヨムなど色々書いてます。感想などもらえると大変うれしいです。
mail:kcrcm@tkm.att.ne.jp

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード