『偽御嬢様の心の半分が彼で占められるようになった経緯』(ダイジェスト)

某PCエロゲー「お嬢様の半分は恋愛でできています」をプレイしてて、ふと思いついたネタから、ダイジェストを書き下してみました。
ちゃんと全部書く時は、ヒロイン(?)を原作のまんま女装っ子にするか、あるいは何かのカラクリでTSさせるか迷うところ。シチュエーションとしては前者の方が美味しい気もしますが、Hシーン書くなら後者の方が楽なんだよなぁ。
まぁ、現時点では先に「それがボクたちの軌跡」の方が優先度は高いので、書くとしてもだいぶ先になりそうではありますが。


続きを読む

スポンサーサイト

「勝った! 第一部・完!!」

 ……というのは、カクヨムで連載中の『牧瀬双葉は転生超人である──ただしチートはない』の話。
 ようやく本日第一部のエピローグパートまで漕ぎ着けました。
 とは言え、どこぞの10週打ち切り連載漫画と異なり、第二部もちゃんとやるつもりですので、読んでいただいてる方はご安心を。
 第一部では、タイトル(の前半通り)、上級女狩猟士リーヴに転生した主人公の双葉(♂)のベテラン狩人っぽいムーヴ(本人の内心は割といっぱいイッパイだったりもするのですが)を描いてきました。題して「超人編」。ですが、第二部では、タイトル後半部で言及されている「この世界の枠組内ではそれなりにスゴいけど、決して突き抜けてるワケじゃない」ところを描く「NOチート編」を書き連ねてゆくつもりです。
 そしてピクシヴの方で予告編を乗せた『それがボクたちの軌跡』も、そろそろ書き始めようかと。TS/立場交換物としては、男子大学生←→女子中学生の『美少女JCの家庭教師になったけど何か質問ある?』も書き始めてはいるのですが、こちらはちょっと長くなりそうなので後回しかなぁ。

生存報告的雑話

 前回もチョロッと触れましたが、ニコ動にアップされてるMAD動画「Fate/GrandOrder:色彩【けものフレンズ】」が最近お気に入りです。
 「けもフレ」と「FGO」の両方(それも最終回に至るまでの流れを)知ってる人なら、この場面構成には、うるっと来ずにはいられないかと。ベタなお約束ですが、昔から好きなんですよねぇ。最終回直前の主人公(ないしその相棒)の決死の突撃ネタと、クライマックスでの(それまで登場した)全キャラの大集合ネタ。マイフェイバリットバイブル的コミックの「うしおととら」とか「マップス」でもやってました。自分でもそんな流れが巧くハマるような大河ドラマ的群像劇小説を書いてみたいものですが……なかなかままなりません。
 閑話休題。
 カクヨムの「牧瀬双葉は転生超人である」が、あと一話で第一部完となるところまで持ってこれました。無事、第一部が終わったら、しばらくは読み返して微修正入れつつ、なろうの「BtbB!」とか、シュミの立場交換/TS/女装話をいくつか書いてみる所存。ピクシヴに予告中の「それがボクたちの軌跡」も悪くない手ごたえなんで、頑張って書かないとなぁ。

『新薬エックストロゲン』

結局、今週頭までかけても、我がカルデアの定礎復元は成し遂げられず、愛しのBBちゃんに会うことはできませんでした。無念。
このいきどころのない悲しみは[MAD]色彩【けものフレンズ】を観て癒されよう。
それはさておき、ムシャクシャしていたから、某支援所に投下していたベタベタなTS物をこちらに掲載。

続きを読む

ステレオタイプな主人公

 カクヨムの『転生超人』が一段落つくまで、こちらは新作を書いてる余裕がないと思うので申し訳ないです。故に雑談。
 以前もちょろっと触れたことがありますが、自分の作品を顧みてみると、男性主人公がだいたい3パターンに分類できてしまうことに気付いてしまいました。

A)善良だが、ちょっと気弱な優等生
 親とか教師とかから見て「いい子」ではあるが、本人は自分に自信がない。一人称は僕。TS系の話だと、そのままTSなり男の娘化なりしちゃうこと多し。
B)面倒くさがりの凡人……に見えて実は非凡
 やれやれ系とでも言うのか。勉強も運動も平均程度だし、とりたててイケメンでもないし、大金持ちでも名家の出でもない、パッと見は冴えない無気力男……なのだが、ここぞという時(おもにヒロインがらみ)の爆発力はピカイチ。
C)面倒見のよい兄貴分
 温厚で常識的だが、Aほど弱気でなく、Bよりはアクティブ。能力的にもなにがしか頼りになる一面を持っている。年下や後輩などの面倒見もよく、サブ主人公的ポジションのそういったキャラから慕われている。

 ──で、改めて書き出してみると、これって某Leafの初期ビジュアルノベル三部作の主人公たちじゃないですかねぇ!?
 Aは毒電波に目覚める前の長瀬祐介ちゃん、Bが藤田浩之そのもので、Cが初音や楓から見た柏木耕一のような……。
 いや、確かにあの3作(雫・痕・ToHeart)は、かなりのめり込んだ記憶がありますが、個人的にはその後の『ONE』や『AIR』の方が熱中度は高かった気もするんだけどなぁ。
 とは言え、折原浩平や国崎往人の言動には強烈な印象は受けたものの、自分で書くのは無理(時として不条理なまでのおふざけをやる男達なので)だという現実的な理由も絡んでいるのでしょうけれど。境ホラのトーリみたいなキャラも、いっぺん書いてはみたいと思うのですが、未だ筆力が及びませんな。
プロフィール

KCA(嵐山之鬼子)

Author:KCA(嵐山之鬼子)
Pixiv、なろう、カクヨムなど色々書いてます。感想などもらえると大変うれしいです。
mail:kcrcm@tkm.att.ne.jp

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード