ヘヴンズ・フィール1章、観ました

 一応、『月姫』の頃からの型月ファンのハシクレとして、『Fate』最新作の映画を観てきました。
 方々で言われてますが、士郎と桜の出会いの経緯が丁寧に描かれているのっていいですねぇ。ゲームでも最初からあの描写があれば、桜も不遇ヒロインと言われなかったろうに……。
 ちなみに、私、前々から言ってる通りツンデレはあまり好きではありませんが、ヤンデレは(程度と傾向にもよりますが)割と許容できるタイプ。より正確に言うなら、「主人公と相思相愛であり、かつ他の異性が主人公が言い寄った際に過剰な攻撃性をその異性に向ける」タイプならOK。泥棒猫(あくとう)に慈悲は無用でしょう。また、交際中の主人公が浮気(これもまぁ、定義が難しいですが)した際に、主人公を責めたり泣いてすがったりするのも、まぁ、アリでしょう(それだけ愛していることの裏返しでしょうし)。某NiceBoatな作品で言うところの言葉タイプは〇で、世界タイプは×ってところですかね。
 で、そんな嗜好の私からすると、間桐桜という少女は、かなり好みに近いタイプなので、今回の映画化は誠に嬉しい限り。もっとも、今回の1章に於ける桜は、むしろ「控えめでけなげな後輩」そのものなんですが……これはこれで良し! 今から来年公開予定の2章が楽しみです。
スポンサーサイト

例によって読んでない人にとっては死ぬほどどうでもよい設定集

 カクヨムの方に似非ロボット物「蒼狼の騎士」の2話を投下しました。
 こちら、1話のPV数が一桁というあたりが泣ける……。
 つまり、ほぼ誰も読んでいないとわかりつつ、ブログで書くネタがないので、主人公の設定を紹介してみたり。

続きを読む

今更ながら「アイネクライネ」

 ……にハマって、先週末は同曲を使ったMAD動画を検索&視聴しておりました。
 メロディもさることながら、やはり個人的には、その扶桑姉様も真っ青な自虐&ネガティブ全開の(でもひっそり希望もある)歌詞がツボです。
 ニコ動でたまたま観た「おそ松さん」の手書きMADで十四松&彼女の出会いと別れを描いたモノがかなりよいデキでして、原作知らないのにうるっとさせられてしまいました。曲の方も「あ、コレ、男爵スレ支援動画(恋する乙女たちのアイネクライネ)でも使われてたヤツや」と気づいて俄然興味が湧き、曲名を調べ、原曲やら歌ってみたやら使用動画を色々探して観て……と、すっかりハマってしまったという次第。
 見つけた動画の中では、前述の「おそ松さん」MAD(十四松の彼女視点)を筆頭に、「声の形」、「Ib」、「アイマスsideM」(水嶋咲視点)「Re;ゼロ」、「NARUTO」(ヒナタ視点)、「ダンガンロンパ」、「まどマギ」、「FateEX CCC」あたりが(最低限の原作知識があれば)グッと来ると思います。
 特に「CCC」のサクラ(というかBB?)視点で紡がれるMADは、個人的にFateヒロインでトップクラスに好みな間桐桜に近い(基にしたんだから当たり前ですが)キャラということで、かなりクリティカルヒット。「言えない秘密があって嘘をついてしまう」とか「あたしの名前を呼んでくれた」とか、もう……ね。「何度祈っても惨憺たる夢を見る」「あたしは意気地ない/不甲斐ない」あたりもBBの真情と考えると納得しちゃいますし。そう言えば、「ヘブンズフィール」の第1部が公開始まったんでしたっけ。劇場まで観に行こうかな。
 同じくニコニコ巡回で「少女革命ウテナ」の主題歌「輪舞-revolution」を使った動画も、なかなかイイ感じでした。最初に観たのは「コードギアス」のMADでしたが、他にも「東方」(フラン視点)とか「ピンドラ」「プリキュア」「まおゆう」などなど……この曲も汎用性高いなぁ。

『三姉妹の絆』(その参)

 ちょっと前に中断していた「風強波高」シリーズの第4弾(結果的に第5弾の「それがボクたちの軌跡」の方が早く完成しましたが)作品『三姉妹の絆』の残りの部分をアップ。ピクシヴにも同じものをアゲております。
 
 本作中の山本大佐は、無論『鎮守府戦線』の主人公(ヒロイン)であるあの子の成長した姿。あのまま艦娘として提督(おにいちゃん)の下で10年程戦ったのち、テストケースとして艦娘から半引退し、提督になりました。その際、“風嶋一輝”としての戸籍をいったん取り戻したのですが、“兄”に相談して山本家(隼司の両親)に養子縁組してもらい、晴れて正式に山本隼司の妹という立場に。名前も女性っぽく“和希”と改名した……という設定。
 ちなみに、この山本大佐、部下の艦娘や同僚の提督連中には、「可憐な美少女の見かけに反して、タフで辣腕(やりて)な提督」という顔を見せていますが、兄である隼司を筆頭に義姉である翔子(元翔鶴)、菱乃(元金剛)、愛美(元愛宕)達の前では、「甘えん坊な妹」のままだったり。隼司の実家でも、養父母に娘として可愛がられています──肉体的にはともかく戸籍年齢は27歳のはずなんですがねぇ。外見的には「18歳に成長した島風」というコンセプトで、イメージとしては「プリンツ・オイゲンとビスマルクを足して2で割り、鹿島の制服を着せた」感じ。

続きを読む

『人生山あり谷間あり!?』

 某支援所に投下して久々に完結させた短編を、此処用にややマイルド化(X指定から15禁くらい?)したものを掲載。
 元画像から湧いた妄想をSS化するというのが支援所の流れなわけですが、本作についてはかなり無理やり4コマ風の画像を作り、それに沿ったエロSSを書き下してます。

続きを読む

プロフィール

KCA(嵐山之鬼子)

Author:KCA(嵐山之鬼子)
Pixiv、なろう、カクヨムなど色々書いてます。感想などもらえると大変うれしいです。
mail:kcrcm@tkm.att.ne.jp

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード